printHead

J.Feel

ジェイフィールは、良い感情の連鎖を起こすことで、
人と組織の変革を支援するコンサルティング会社です。

メールマガジン

お問い合わせ

月別アーカイブ

コラム・日記(2013年10月)

小森谷浩志 連載コラム「東洋思想と組織開発」② 2013年10月18日

第2回

今回は、仏教思想の中でも重要な「諸行無常」を取り上げ、
組織開発と仏教の重要な一致点でもある、変化について探究したいと思います。

組織開発とは何でしょうか。アメリカにある組織開発ネットワークの定義を見てみますと、
「組織やコミュニティに連鎖的な変化を起こす価値観主導だがダイナミックな手法である。とりわけ組織やコミュニティや社会が望ましい状態に変わり続ける能力を構築する努力である」とあります。
端的に言いますと組織の健全化や活性化に関わることであり、
変化や更新が含意されています。

変化について仏教では全ては移り変わるとし、「諸行無常」と言います。
これは、原始仏教の中核思想、三法印の一つで仏教思想の根本原理です。
『岩波仏教辞典 第二版』では「人間存在を含め、作られたものはすべて、瞬時たりとも同一のままでありえないこと」と説明してあります。
有名な一節に鴨長明の『方丈記』の冒頭に、
「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」
がありますね。

無常というと、厭世的、悲観的なニュアンスを感じる方もおられると思いますが、
順境から逆境とともに、逆境から順境もまた無常です。
現在良くない状況であってもそれがずっと続くのではなく、
やり方次第で好転する可能性を秘めているということです。
常に変化するということは、変えることができる可能性に満ち満ちているということ、
自らの手で、可能性を広げることができるということです。
「諸行無常」からの重要な示唆は、
変化は可能性そのものであるということではないでしょうか。

ここからすると組織開発とは、変化の連続態としての世の中において、
自らの手で、自らの可能性を広げていくことと言えそうです。
変化という関連でインド独立指導者ガンジーの名言があります。

「あなたが見たいと思う変化に、あなた自身がなりなさい」

さて、あなたは自らの可能性に向けてどんな一歩を踏み出しますか?

佐藤将 連載コラム「ニッポンが世界を元気にする」④ 2013年10月16日

4.みんな、なにげにガンバっているから

『最近、褒めてあげたことないですね・・・』
日本企業のマネージャーさんたちの声。
「部下とのコミュニケーションですか?」、「いやー最近、時間が無くて」、「次から次にトラブルが起きるんですよ」、「一応、毎月チームミーティングはしていますが」、「目先のことに追われていて」、「指示は出してますが、フォロースルーはできていなくて」。「え、褒めたこと、ですか?うーん、ないですね」、「逆に叱ってばかりですよ」・・・

『ねぎらいの言葉ひとつでも、いいんです』
日本企業の若いスタッフさんたちの声。
「え、褒めてもらったことですか?・・・」、「うーん、最近ないですね」、「別に褒めてもらわなくてもいいんですけど」、「自分、がんばっているとは思わないし」、「ただ現場でがんばっている他の人たちには、もう少し上は気を配ってあげても」、「みんな大変な中でも頑張っているので」、「"ねぎらいの言葉"一つでもいいんです」・・・

最近、周りの人に、"ねぎらいの言葉"をかけたこと、ありますか?

なにげに頑張っている人に
なぜかいつも忙しい人に
現場で汗かいて働いている人に
大事な仕事で苦労している人に
最近、昇進した人に
たった一言でも・・・

********************************

20世紀は、「近代合理主義」が花咲いた時代であった。
「経済的、合理的、効率的」であること。それを追求することこそ、理知的であり、洗練であり、近代化された文明国の市民精神である。それこそが、資本主義社会のよって立つ精神であり、「運命はあらかじめ決められている」という思想的呪縛にある中で、「神様のご褒美」を求める人間を救済する美徳となっていった。

日本においても、その精神は、戦後、「近代合理主義」という美名のもとに奨励され、「合理的であること=善」、昭和後期の一つの絶対価値とされていった。

果たせるかな、「近代合理主義」の過度の追求は、いつの間にか、人間をリソースやキャピタルといった物質(マテリアル)へと貶(おとし)め、細分化&標準化されたシステムの中で、神様のご褒美(マネー)を求めて働くビジネス・マシーン(歯車、アンドロイド)へと仕立て上げていった。最近、多くの日本企業の方々をインタビューをしていて感じる、「近代合理主義」の呪縛。

人間を、人間疎外(ニヒリズム)から救済しようとした思想が、逆に人間を疎外するというパラドックス。

勿論、「褒めたり、ねぎらったり」という行為が、業績アップに貢献するというサイエンスはない。
それを実証するデータもシステムもない。もしかしたら、そんな「非合理的」な事をしている暇があったら、リソース(社員)を業務に集中させ、生産性をアップした方がよいのかもしれない。
けれど、21世紀も、それでいいのでしょうか?

********************************

かつて、海外で働いているとき、若い世代の同僚が持つ、繊細な気遣いに驚かされた。誰かが、ちょっとでも気を落としていると、「ハーイ」、「オーライ?」と、とても細やかな表情で、声を掛け合っていた。時に、ちょっとした態度や仕草で、声に出さずとも、お互いをケアしあっていた。

振り返れば、昔、海外日系企業の方達とお仕事をさせていただいた時も、そんな細やかな気遣いできる方々で溢れていた。

今日、急速にグローバル化する日本ですが、そうしたヒューマンな部分を、どれだけ海外で発揮できているのでしょうか?

********************************

先月の事。
徹夜明けで疲れ切った同僚が、一仕事を追え、残業をしていると、別のチームの若いスタッフが、何気なくお菓子の差し入れをしに来た。さりげなく、なにげなく。

なぜだろう?

今のニッポンの若者たちには、昔の(今の70歳以上)の日本人が持っていた「気遣い」や「繊細さ」、人間的な「潤い感(ウエット感)」がある。それを表現するのが抜群に上手な子もいれば、そうでない子もいる。けど、みんな、お互いへのケアができ、無言(サイレンス)で伝えるコミュニケーション能力も備わっている。それは、海外で筆者が見た若者達にも通ずる。

21世紀の今日、「合理主義」と「ヒューマニズム」という矛盾してしまう思想を、何か東西の新しい概念で統一することできたら、「日本発21世紀のルネッサンス」は、もっと面白くなるかもしれない:-)

********************************

ご褒美(ほうび)は、日本語で、「ほめて、うつくしい」と書く。
ほめて、与えること(Giving)。
ほめて、たたえること。
人間が、人間に対して行うもの。

人間だけが、お互いの明日の運勢を、昨日よりも少しよくすることができる。

だから、世界中のみんな(人間)に・・・
"Congratulation" -

共有する・あとで読む

  • 印刷する

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
ワクワクする職場をつくる。
ワクワクする職場をつくる。
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
協奏する組織
協奏する組織

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.