printHead

J.Feel

ジェイフィールは、良い感情の連鎖を起こすことで、
人と組織の変革を支援するコンサルティング会社です。

About us

メールマガジン

お問い合わせ

月別アーカイブ

コラム・日記(2014年5月)

佐藤将 連載コラム「ニッポンが世界を元気にする」⑦ 2014年5月21日

7.君島、漫画ダメなんだってよ(序)

『先生、僕、反対です・・・』
グローバルリーダー育成や開発という言葉を聞いて、最近思い出したエピソードがある。

それは小学校4年生の時のこと。
ホームルーム(生徒主導の話し合い)の時間だった。
それが終わればすぐ放課後。
校庭でドッチボールができる。
(こころの声:ダッシュして校庭の良い場所をおさえなければ・・)。

その日の議題は、「学校に漫画を持ってきてよいか?」だった。
いわゆる少年ジャンプやマガジンなど、日本人男児にとってのバイブルの書。
学校に持ってきて回し読みするのが習慣になっていたけど、「学校に持ってきてはいけないのでは」という提案。

案の定、少し白熱した議論の後に「多数決で決めよう」となる。
ホームルーム係が賛否を問う。
「反対の人、いますか?」
数名反対。
(ドッチボール早くしようぜ)。

それを見ていた先生が、
「話し合いを続けなさい」。
(えっ?)

30分ほど議論の後、もう一回。
「反対の人、いますか?」。
予想はゼロ。
と、「先生、僕、反対です!」
(えっー?)。

振り向くと、君島君(仮名)。
(えっー??)。

(君島、どうした・・?)。
ごく普通な(?)君島君。
特にグレてる少年だったわけでも、理屈っぽい奴だったわけでもない。
特に、漫画好き、オタク(当時はない言葉)であったということもない。
(おい、どうした君島・・・??)。

と突然、先生が、すくっと立ち上がる。
「みんなで、ゆっくり君島の話を聞こう」。
(えっー?、えっー?)。

(先生言ったじゃん、民主主義は多数決だって・・・)、
(民主主義が一番いいんじゃないの、議論と多数決で決めるんじゃないの・・・)、
(君島、ドッチボール・・・)。

毎日、一緒にドッチボールをしてくれる先生。
学生時代、卓球で国体に出たほどの選手で、若くて熱血漢。
いつも明るく笑顔で、生徒にも大人気だった。

でも、その時は、先生の表情が違った。

真剣なまなざしで、君島君の話を聞き出そうとする。
あまりの迫力に、教室中がシーンとなる。
不思議な熱を帯びてくる。

だんだん君島君には、抵抗するロジック(理屈)なくなってきている気がするけど、先生は終えようとしない。
沈黙の時間だけが流れる。
終わらないホームルーム。

「先生、いったい何を伝えたいの・・・」。

そんなモヤモヤ感だけが残った。
強く深く、心に残った。

*************************

20世紀は、全体主義と競争(バトルロワイヤル)の時代だった。

第一次世界大戦に始まるその世紀には、二度の世界大戦の他、冷戦があり、多くの民族紛争があった。東西様々な主義(イデオロギー)が出現したが、いずれも、多数派が少数派を圧する(あるいは、強者が弱者を圧する)という点において類似したものだった。
それが近代化における文明化(シビリゼーション)の一側面。

90年代(ナインティーズ)に入ると、その主戦場(バトルフィールド)は資本主義社会(マーケット)へと移行する。

その中で始まったグローバルなサバイバル・ゲーム。

*************************

昨今、日本において、グローバルリーダーに関する議論がある。
「グローバルリーダーとはどういう人?」、
「どうやって育てるの?」。

ここ20数年来の、いわゆるナインティーズ・パラダイムを簡単に(筆者流に)要約すると、
「リーダーとは、開発するもの」。
「①競争(コンペチション)を煽って、②トップ10%(上位一割のタレント)を選抜、③特別なトレーニングをあてがい、④2〜3年サイクルで修羅場体験を与え続け、④バトルロワイヤルを重ねていけば、戦略的なリーダーが育つ!」。
「その仕組み(タレント・マネジメネント・システム)さえあれば、グローバルな時代になっても大丈夫。電化製品やビジネスマシーン同様、グローバルリーダーを大量生産できる」。
「リーダーシップ・パイプラインだ!、タレントマネジメントだ!」、
「よっしゃ、クローン大戦を仕掛けろ!」、
「レッツ世界征服だ〜♪」・・・・・・

それが、グローバル?
この世界のリーダー??????
《次回に続く》


イキイキ・キラめく働く女性たち① 2014年5月13日

ご機嫌日記に初登場、ジェイフィールの岡本直子です。
これからちょこちょこと記事をUPしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、取り上げていくテーマですが、私の周りにいる「イキイキ・キラめく働く女性たち」をご紹介していこうと思います。第一回目の今日は、今月は11日が母の日ということもあり、ちょっと照れくさいのですが、私の母をご紹介します。というのも、現在77歳の母は今でも現役の働く女性で、少しユニークな経歴の持ち主だからです。

私の母は短大卒業後、服飾の専門学校でデザインの勉強をして、卒業後は先生のアシスタントをしていました。ほどなくお見合い結婚、専業主婦として家庭に入ります。
私の子供時代には、私にかわいいワンピースを作ってくれたり、時々知人から頼まれてデザインして洋服を作るくらいで、母にとって洋服作りは趣味のようなもの、と私は思っていました。専業主婦としての母は、私からは幸せそうに見えていたのです。

ところが、私が大学生活を始めたある日突然、母が女性向け転職雑誌を買ってきて「これから働くことにするから」といきなりの宣言。
驚く私を尻目に母は、とある年配女性向けでごく小規模のアパレル製造販売会社に履歴書を送り面接へと出かけて行き、あれよあれよという間に採用が決まったのでした。
当時の母は46歳、専業主婦歴およそ20年。ブランク(というかそもそも初就職なのですが)をものともせず、毎日朝から晩まで時には残業も。それはそれは、楽しそうにイキイキと働き始めました。

そして、私が仕事で様々なプレッシャーを感じ辛い思いをし、もう辞めたい!と思ったある日、母にこう尋ねました。

「ねぇ、なんで仕事はじめたの?仕事、楽しい?」

すると、母はこう答えてくれました。

「私はね、本当はずっと働きたかったのよ。あ、でも誤解しないでね。我慢していたわけではないから。あなたたちが学校から帰ってきたときに、家にいたかったの。」
「自分が企画した洋服が目の前でお客様に買っていただけるのは何とも言えない、幸せなことよ。社長とはしょっちゅう喧嘩するけどね~(笑)」

母が望んで専業主婦になったものと思っていた(それはある意味事実なのですが)私は少しショックを受けました。が、実は母はその時その時で自分が今やりたいことを実現させてきた、とても幸せな人だなと思います。今思えば、母は専業主婦時代にもファッションにまつわる情報には敏感でした。現在も働く母にとって専業主婦時代というのはいわば20年に及ぶ長い「助走期間」だったのかもしれません。家では家族が帰ってくるのを迎えながら、気持ちの面ではいつでも仕事に関わる準備をして「その時」が来るのを待っていたのですね。その気持ちが運やタイミングを引き寄せたのかもしれません。
母は2年半前に手術をしたこともあり、フルタイムでこそ働いていませんが、今でもまだ定期的に会社に行っています。時には展示会の準備などで残業もこなしています。母にとっては自分がデザインした洋服を通じてたくさんの人たちに喜んでもらえること、それが何よりの生きがいなのです。

人生100年という時代がすぐそこまでやってきています。母の時代とはかなり様相は異なっていますが、今でも働く女性には様々なライフイベントがやってきます。その時その時、人生において自分がいま何を大切にしたいのか、何をすることが自分にとって生きがいとなるのか、そのために今何をするのか。少し立ち止まってじっくりと考えてみる、家族や友人、職場の人とも話してみる。
いつでもイキイキとした人生を送るために、何かヒントが得られるかもしれません。

共有する・あとで読む

  • 印刷する

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

【「週イチ・30分の習慣でよみがえる職場」】</br>amazonで予約が始まりました
【「週イチ・30分の習慣でよみがえる職場」】
amazonで予約が始まりました
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
ワクワクする職場をつくる。
ワクワクする職場をつくる。
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.