printHead

J.Feel

ジェイフィールは、良い感情の連鎖を起こすことで、
人と組織の変革を支援するコンサルティング会社です。

About us

メールマガジン

お問い合わせ

月別アーカイブ

コラム・日記(2015年7月)

岡本直子 連載コラム 「働く女性にワクワクを」② 2015年7月31日

こんにちは。ジェイフィール コンサルタントの岡本です。
暑い日が続きますね。無理せず休めるときにはしっかり休んで元気に夏を過ごしましょう。
このコラムでは「働くこと」を通じて、女性たちがもっとワクワクする毎日を生きていくためのヒントとなることを、働く女性たちのリアルな姿を通じてお伝えしていこうと思います。ぜひご意見ご感想などお知らせくださいね。

さて、今回はKさんのお話です。
彼女は中堅日用品メーカーでマーケティングを担当、入社して13年、2人の子供がいるワーキングママです。忙しい日々を元気に過ごしています。
Kさんは仕事の成果も出し、後輩の面倒もしっかり見る。上司のY部長からそんな姿を認められ、ある日の面談で管理職登用試験受験を打診されました。彼女の答えは「いえ、管理職にはなりたくないです。このままがいいです。」というものでした。

育児と家事、仕事、Kさんの毎日は目まぐるしいものですが日々充実感にあふれていました。中堅マーケターとして仕事の面白さも十分に味わい、ヒット商品に繋がる提案もしていますし、取引先や周囲からの評判も上々でした。上司のYさんはKさんに、管理職になれば仕事の幅も広がる、すでにKさんにはマネジャーとしての資質は十分ある、と伝えたのですが。
Kさんは、仕事は今とても充実している、やりがいもある。結果も出しているのだから、このままにしておいてほしい。子供のこともあるし、これ以上は・・・。
管理職登用の話はいったん保留、次回面談まで考えておく、ということになったのです。

Kさんはそう答えつつも、実は少しだけ心の中でひっかかるものがありました。このままずっとこの状態で仕事をし続けていったらどうなるのかな。同期にはマネジャーとしてばりばりがんばっている人もいる、ちょっとまぶしい。でも女性のマネジャーはみんな独身なんだよね・・・それに時々仕事の相談に乗ってもらっている先輩マネジャーのT子さん、いつも遅くまで働いていて、なんか辛そうだし、私にはとてもそこまでは・・・。

そんなある日。
先輩マネジャーT子さんとランチをする機会があったK子さんは、心の中にある「もやもや」を話してみました。T子さんはKさんの話を一通り聞いた後で、こんな話をしたのです。
「1年くらい前かな、Kさん、大きな商品開発の提案を量販店にしたことがあったよね?あの提案、すごくユニークで今までにないアイディアで、さすがKさんって思った」
「ありがとうございます!あれはかなり跳んだ提案だったと思います。今思えばあの保守的な会社でよく提案が通ったな、って。自信はありましたけど」
「あはは、そうよね。あの保守的な会社がよく通してくれたよね。あのときの提案、実はね・・・。今だから言うけど、Y部長が提案の前に量販店の担当役員に、今度の提案かなり斬新なアイディアです、もしかするとお気に召さないかもしれません、でもKたちスタッフが御社のためを心から思い、真剣に考え抜いた提案です、受けいれてくださいとはいいません、どうかまずは聞いてください。って」
「え。知らなかった!プレゼンが終わってもY部長からは、よかったな、と、だけ・・・」
Kさんは驚きを隠せませんでした。
T子さんは微笑みながら、
「誤解しないでね。あの提案が成功したのはKさんやスタッフみんなの力だと思う。Y部長だってみんなを信じていたからこそ通したかったのよ。あのY部長の仕切り、マネジャーとしての醍醐味だなって思うのよ。私はまだまだ、そこまでは(笑)」

Kさんにとってこの話は、改めて上司の支援をうれしく思うと同時に、自分の役割や立場を考え直すきっかけとなりました。
Kさん自身、とても優秀なマーケターです。商品開発は自分ひとりの力ではどうにもならないことがあるのもよく理解しており、周囲の人たちを巻き込みながら仕事をしていました。ただ、それはあくまで彼女とチーム、社内の関係部門であり、お客様を巻き込む、という発想はありませんでした。Y部長が言っていた、仕事の幅が広がるってこういうことかな?と感じました。自分はチームには目を向けていたけど、もっと世界は広いかも、と。
そして、最近はチームの後輩たちが自分から多くのアイディアを出してくれているなということにも気づきました。私はチームの後輩たちの力を引き出せているのだろうか、彼らの支援者となれているだろうか、と。

もしかすると私はそろそろ「居場所」を変えたほうがいいのかな・・・・

Kさんの結論はまだ出ていません。ただ、Y部長と次の面談でしっかりと話してみようと思っています。そしてまわりのマネジャー達の様子をしっかり観察してみようと思いました。

おそらくKさんは次の管理職登用試験にチャレンジするのではと思います。まだ不安な面もあるでしょう。ただ、彼女は上司や先輩、後輩との関わりを自分目線から少し客観的な視点へと変えたことから、もやもやしている景色が少し開けてきたような。

居心地のよい場所から動くことは難しいですよね。新しい世界へ一歩踏み出すには、自分が変わることは勇気がいることかもしれません。でも組織で仕事をしている、ということは決して一人ではない、ということ。時には先輩や上司、後輩とのかかわりから自分を見つめてみてはどうでしょうか?あなたも次の活躍の場・ステージが見えてくるのでは。

小森谷浩志 連載コラム「東洋思想と組織開発」⑤ 2015年7月21日

第5回

仏教とは何か?
大きな問いです。

仏とは仏陀のことですので、「仏陀の説いた教え」というのが、
一番自然に導かれる答えでしょう。

また、初回にも触れたように、仏陀とは「目覚めた人」の意ですので、
「目覚めるための教え」、「悟りをえるための教え」とも言えそうです。

つまり、仏教とは「仏陀の説いた教え」と、
「目覚めるための教え」の2つの意味があると言えます。

仏教には地域という観点だけでも、
インド、中国、朝鮮、日本、チベット、スリランカ、タイ等があり、
最近ではアメリカ、ヨーロッパ仏教という言い方もあります。
伝播ということでは、北伝、南伝とも言いますし、
思想としては、原始、小乗、大乗、密教などもあります。

時代性や地域性に合わせて、目覚めるにはどうしたら良いのだろうかを、
探求し発展してきた教えととらえることができると思います。

さらに、仏教を今なお、発展し続けているとダイナミックに捉えると、
仏陀の説いた教えを基礎としながら、それを謙虚に学びつつ、
今のわれわれの生活に活かすものであるし、
その責任が委ねられているとも言えそうです。

唯一絶対の経典があって、それに従わねばならないというのとは、
明らかに違う、変化や関係性の彩りを感じます。

このコラムのテーマは「東洋思想と組織開発」。
ここまで、変化、脱皮、幸福というキーワードを考えて来ました。
今回は、仏教とは何かという根源的問いから、
仏教の特徴を捉え直してみました。
多様で、現在も変化、発展中なのが仏教と言えそうです。

さて、皆さんへ質問です。

唯一絶対の答えが無いとしたら、あなたはどうしますか?


次回からは、禅の基本的手引き「十牛図」をとりあげ、
組織開発について探求を続けていきたいと思います。

佐藤将 連載コラム「ニッポンが世界を元気にする」⑨ 2015年7月17日

9.君島、まんが、いきなり世界だよ(急)

≪前回より続く≫

「映画のようなワンシーン」

東京の地下鉄はその正確性で有名だけど、だからと言って、海外の地下鉄で起きる偶然のハプニングも悪くない。

その日、ロンドンの地下鉄は1時間近く立ち往生した。
初夏の金曜日、
夕方のラッシュアワー、
オリンピック準備のためという車内アナウンス。
でも、さすがロンドンっ子、
皆、何事も起きていないかの如く、
手持ちの本やキンドルに集中している。

ようやく動きだし、
ウインブルドン・パーク駅(※参照)に到着する。
と同時に、一斉に降りた乗客が、駅の階段を駆け登る、
いつもより小走りで。

その時、群衆の中を一人の男性が、駆け上がっていった。
恐らく20代後半、金融街で働く真面目そうな紳士。
彼が通り過ぎる際、なぜか、ふと目が合う、
0コンマ数秒で交わす無言の挨拶。

階段を上りきり、小さな改札を抜ける。
テニスの大会前の、いつも静かな駅、
初夏の空は、もう群青色に染まっている。

いつものように駅を出てすぐ左折する。
っと、その瞬間、
(???)
先ほどの若い紳士が、かがんでいた。
見ると、彼の目の先には大きな毛並みの良い犬。
(!)
その数メートル後ろ、
シャッターが降りた駅の売店の片隅には、
憂いに満ちたアンニュイな女性。
二人?を見て、
安堵の笑みを浮かべる。

時間が止まったように感じた瞬間、
そこにいっさい、言葉はなかった、
ただミュージックだけが流れていた。

************************

いつからだろう?

言葉こそがコミュニケーションだと思い込んでいた。
言葉にして伝えることが、異文化を越える、グローバル・コミュニケーションだと思い込んでいた。
もしかしたら、そう思い込むことで、この世界で楽に生きようとしていたのかもしれない。

「そうだったのか・・・」

ウインブルドンの丘を登る坂道、仰いだ夜空に青い月が輝いていた。

*************************

最近、日本企業のグローバル研修をしていて、一つの変化に気づいた。

かつては、「カルチュアの違い」がコミュニケーション・ギャップの理由、或いはエクスキューズとなる傾向が強かった。今でも、ある世代以上になると、日本人、外国人を問わず、その傾向は強い。

ただそれが、新世代になると「ジェネレーションの違い」に移る。

「文化の違いですか??」
「・・・うーん、あまり気になりませんね」
「それより問題は、世代の違いです」
「上の世代は、私たちの世代を理解していない」
「にも関わらず、自分たちの旧いマネジメントを押し付けてくるんです」
「育った環境が違うのに、経済環境も、グローバルも、インターネットも・・」
「それに人生の価値観も違う」。

*************************

今から10年後、世界の労働人口の75%、4人に3人が、「ミレニアル世代」と呼ばれる1980年〜2000年に生まれた人々で占められる(現在は15歳〜35歳→10年後は25歳〜45歳)。

既に多くの海外企業が、その世代を意識したマーケティングを開始。同時に、人類史上、最もクリエイティブと言われるその世代を活かすため、様々なマネジメントの取り組みが始められている。

一方、日本では、10年後のミレニアル比率は36%、約3人に1人強になる。世界平均の半分以下、国内でも圧倒的なマイナリティであるせいか、本来、金の卵として扱われてもおかしくない、彼ら彼女たちに対する取り組みは、一部の先進企業でしか取り組まれていない。

5年後、10年後、世界で仕事するための準備、できていますか?

************************

かつて、グローバルは、本国で売れたものを、段階的、国別に「外国」に持っていくことだった。
けれど今、グローバルは、「いきなり世界」の時代。

当然、グローバルにおけるリーダーの考え方も変わってくる。

以前、「グローバル・リーダー」とは、「資本主義xグローバル化xネットワーク化」で生まれる<新しい秩序>や<システム側>のリーダーとなっていくことを意味した。

けれど、近年は、逆に、巨人化するグローバル資本主義の中で生まれる歪みや格差、超管理社会(ディストピア)化が進む中で叫ぶ誰かの声に応えるために<マルチチュード側>や<社会起業家的>なリーダーになることが、特に若い世代を中心に、広まった。

これからは、その近代的二項対立を越え、<両者をつなぐ立ち場>のリーダーが必要になってくるのかもしれない。その立ち場に、世界で最も一番近い位置にいるのが、日本の新世代(ニュー・ジェネレーションズ)。年齢に関わらず、その可能性を持った人々に出会う機会が増えた。

いずれの選択にしても、これからのグローバル・リーダーに求められる要件は、『文化や世代を越えるコミュニケーション力』。

それは、討論や多数決で片をつけるようなモダン(前世紀的)なコミュニケーションではない。ましてや軍事力や権力を背景にした交渉や圧力でもない。

もっと人間的なダイアローグ。
多様な世界だからこそ覚醒される、言葉を越えた五感のダイアローグ(ミュージック)。

************************

小学校4年生が終わった春休み。
担任の盛岡先生の田舎に、クラスのみんなで遊びに行った。
神戸からローカル線に揺られて1~2時間。
そこは、まるで、まんが日本むかし話で見たような山里。
先生のご実家でお昼をご馳走になった後、近くのお寺でドロケイをした。

楽しかった。
夢中だった。

あの時、まだ知らなかった、未来が想像を越えていくことを、
・・・数えきれない偶然(Happenings)こそが、人生の必然(Constellation)であったという運命(Fortune)を。

*************************

もしかしたら、21世紀、「この世界のリーダー(グローバル・リーダー)」とは、国境の壁(Border)を越えていける人ではなく、自分の運命だと思っていた運命(Border)を越えていける人なのかもしれない。

もし、この世界の誰もが、運命(Border)を越え、運命(Fortune)とつながれるのだとしたら・・・21世紀の現実が、まんがの世界を越えていく、のかな。

「君島、おまえ、間違ってなかったかもな」


≪シリーズ一部完結≫

新幹線で読むビジネス書「ワクワクする職場をつくる。」 2015年7月15日

新大阪駅の書店で「新幹線で読むビジネス書」というフェアを開催しています。
複数の出版社が「おすすめの一冊」を紹介しているフェアで、実業之日本社さんからは「ワクワクする職場をつくる。」を紹介して頂いています。
著者である弊社代表の高橋が出張の際に偶然発見!
このように紹介されておりました。

wakuwaku_eki.jpg

実際のところ「ワクワクする職場をつくる。」は面白いことに、
新大阪だけでなく上野・品川・京都といった新幹線の発着駅でよく購入して頂いているようです。

皆さまも新幹線のお共にいかがでしょうか。

「ワクワクする職場をつくる。」が
ビジネスブックマラソンで紹介されました! 2015年7月10日

先日、4刷りが決定したことをお知らせしました「ワクワクする職場をつくる。」が、
元アマゾン カリスマバイヤーの土井英司さんのメルマガ、ビジネスブックマラソンで紹介されました。土井さんはビジネス書評家として人気があり、メルマガは56,000人もの登録者がいらっしゃいます。

土井さんの書評から一部抜粋いたします。

------------------------------------------------------------------------------------------

やはり人間関係には思い込みは禁物。真摯な対話を重ねることで、やっとお互いを知るのが現実なのだと思います。
このことは、おそらく職場においても同じ。
ワクワクする良い職場をつくろうと思ったら、そこにいる人間同士、対話を重ねなければならない。

<中略>

どういう変化が起ころうと、自分たちが大切にしなければならないものがあるのではないか。自分たちらしいモノづくりへの思い、姿勢があるのではないか。それをみんなで共有しよう
可能性を信じる少人数が集まり、熱い思いを語り、対話を始めることが、組織変革の起爆剤

<中略>

組織変革でよく言われる話も含まれていますが、職場の問題の本質を理解し、改善する良いヒントがまとめられています。
<「仕事は大変だけど、面白い」はずだった>
個人的に、この言葉はささりました。
仕事のやりがい、職場のワクワク感を取り戻すために、働く人全員が読むべき一冊です。

------------------------------------------------------------------------------------------

「ワクワクする職場をつくる。」4刷り決定いたしました! 2015年7月7日

今年2月に出版した「ワクワクする職場をつくる。」の4刷りが決定いたしました。
私も書店で平積みになっているのを見かけ、注目度の高さを感じております。

当書籍はジェイフィールがこれまで取り組んできた組織変革について、事例を交えて紹介しています。
これを読むと組織の今が見えてくる一冊でもあります。
読みもの的でわかりやすい文章ですので、ぜひご一読ください。

写真は先日、出版社の方が「帯が新しくなりました!」とオフィスまで来てくださった時に撮影しました。
著者の2人も、これをきっかけに組織変革のうねりが大きくなることを期待しております。

日産化学工業株式会社 物質科学研究所
主任研究員の繁田様にインタビューしました 2015年7月6日

「組織変革フォーラム 第3回」でゲストスピーカーとして
組織変革の取り組みについて語ってくださった日産化学工業様が
アエラ 7月13日号「日本を支える課長のリアル~ビジネスは課長が動かしている~」に掲載されました!
今回は医薬研究部 主任研究員の繁田様がインタビューに応じてくださいました。

「化学より人間相手の方が難しいんじゃないか」と思っていた繁田さんが
「戦略的OJTプログラム」を経て、部下育成を「完全なやりがい」と感じるようになるまでが
紹介されています。

 取材には私も同席し、お話を聞かせて頂きました。
組織変革フォーラムでの渡邉所長のお話とはまた違い、
実際に取り組んだ繁田さんだからこそのお話に興味深いものを感じました。
その時のお話を紹介させて頂きます。

 プログラム開始前に「自分の右腕になりそうな部下を選んでください」と言われ、
すぐに指名する部下を決めたという繁田さん。
彼にはリーダーとしての活躍を期待していました。

 プログラム開始時の2人の対話は当たり障りのないものでした。
変化が始まったのは2ヶ月ほど経過したある時、
チームの育成方針を話すと
「そんなことやってもダメですよ」と部下が初めて意見を言いました。
これは今までにない変化です。
「なぜそう思うの?」と繁田さんも彼の本音に迫ります。
これがきっかけでイメージのズレに気づき、矯正することができたと言います。

 チームのことだけではありません。

 本人の成長イメージ、すなわち自分の育成イメージも具体的にできるようになりました。
繁田さんはキックオフ時の部下分析で書いたことが、
本人の自己分析とほぼ合っていました。
「彼はこういう人で、こうなりたいのだろう」という分析ですが、
この時点で大きくズレているケースも珍しくありません。
これがほぼ合っていたということは理解ができていたのでしょうか。

 しかし、プログラムが進むにつれ「自分の理解が浅かった」ことに気付きます。
表面的な理解はできていたけれど、具体的な理解はできていなかった。
それは繁田さんだけでなく、本人もできていなかったのです。
2人には具体的な成長イメージが持てていませんでした。

 「イメージができないものはマネージできない」と弊社コンサルタント山中が
アドバイスしたことが繁田さんの心に響いたと言います。
成長イメージというのは、本人自身が伸ばしたいと思っている部分と、
上司としても伸びてほしいと思っていることの共有です。
細かく話すことで彼がどのように成長したいのか、
そのために何をしてあげるのかイメージができるようになります。

戦略的OJTプログラムでは週に1度、「成長」という視点で話をします。
半年に1度のいわゆる評価面談では、業務の話が中心となり、
成長という視点での話は疎かになりがち。
また、話ができても抽象的で、具体的なイメージができていない
ケースが多いのではないでしょうか。 

 これを週に1度、視点を「成長」にして話し合うことで、
具体的に何ができていなくて、今何が必要なのかがはっきりします。
ただ「交渉力が弱い」ではなく
「最初の1歩はできている。でも最後の一押しが弱い。」というように
できているところ、できていないところが明確になり、アドバイスも明確になります。


繁田さんを含め、課長クラスの皆さんはプログラム終了後も部下との対話を続けています。
プログラム前は人材育成について、皆さんはこう言っていました。

「育成はやってるよ」と。

しかし今はこう言います。

「人材育成が楽しい」。


日産化学工業様にはこれまでに3名の方からお話を伺いましたが、
皆さま温かく、優しいお人柄なのが印象的でした。
それゆえに衝突を避け、踏み込んだ対話ができていなかったということもあるかもしれません。
しかし壁をひとつ越えた今、温かい人柄に深い対話がプラスされ、
とてもいい雰囲気が漂っているのを感じました。

皆さんの部下は本音を話してくれていますか。
皆さんは部下と本音を話していますか。

重光直之 連載コラム 「ミドルからの経営革新」① 2015年7月3日

 「裸の王様だ」と言える人でありたい。
このコラムでは、私自身が体験したり、直接見聞きしたりする中で感じたこと、学んだことをお伝えしていきます。初回の今日は、私が尊敬するマネジメントの大家、ヘンリー・ミンツバーグ教授から学んだことをご紹介します。

第1回 ミンツバーグ教授から学んだこと(1)素直に現実を見ること

 2012年、彼が来日したときにじっくりとインタビューをさせてもらいました。その時、理想とするリーダー(人)は誰ですか?という問いに、
「アンデルセンの童話にある『王様は裸だ』と言った子どもが、私にとっての唯一のヒーローだ」
と答えてくれました。
さらに彼は続けて、「彼が勇気を出して言ったからという理由ではありません。彼は、他の人が見ようとしない現実を、ありのままを見たからです」と説明してくれました。
そうです。たしかにミンツバーグ教授は、何か難しいことを勇気を出してやろう、ということを言ったことはありません。ごく自然な営みこそが大切だと言い続けています。私たちが、いつしか大切なものを見失っていることを常に問いかけてくれる存在です。
彼は、経営学の異端児とかあまのじゃくと言われることがありますが、彼からすると、他の人たちが歪んでしまっているということだと思います。
「日本企業に戦略はない」と切り捨てるマイケル・ポーター教授に対して、「戦略のない日本企業に負けたアメリカ企業に戦略があると言えるのか」とかみついたり、「人は大切な経営資源(Human Resources)だ」と言ったドラッカーに対して、「私は経営資源ではなく人間だ(Human Being)だ」と異論を唱えたりしています。常に彼は、見たままをそのまま受け止めて、誰に対しても臆することなく自分の信じることを述べています。

私たちも、自分では真実を、ありのままを見ているつもりなのに、いつしか歪んでものを見ていることはないでしょうか。既存ビジネスや既得権を守ろうとする気持ちが無意識のうちに働いたり、これを言うと会社や上長の方針に逆らうことになるな、と自己検閲が入ったりすることはないでしょうか。
さらに、私自身の経験で最も危険なのは、一見正しく見えることの中に大きな問題が潜んでいるときです。「お客様のために」、「お客様の要望に応えるために」というフレーズは、誰もが逆らえないパワーを持っています。
「お客様のため」や「悲願の○○達成にむけて」という力強いフレーズに遭遇したとき、何かを見落としてないか、素直な子どもの目で見ることを試してみてください。こんなところに裸の王様を礼賛する落とし穴があるのかもしれません。
発言をする前に、まずはありのままを見ることを問うところから始めてみませんか。


今回ご紹介したミンツバーグ教授と直接ディスカッションできる機会があります。9月にモントリオールで開催される、リフレクション・ラウンドテーブル(世界展開名はCoachingOurselves)のカンファレンスです。今年は、パートナーや導入企業に限らず、広くオープンにしています。どなたでも参加できますので、ご関心の方は下記URLをご参照ください。ご不明な点はジェイフィールまでお問い合わせください。
URL:http://reflections.coachingourselves.com/

このコラムの感想、疑問、要望などありましたら、ぜひお聞かせください。お応えしたいと思います。

共有する・あとで読む

  • 印刷する

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
ワクワクする職場をつくる。
ワクワクする職場をつくる。
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
協奏する組織
協奏する組織

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.