printHead

J.Feel

ジェイフィールは、良い感情の連鎖を起こすことで、
人と組織の変革を支援するコンサルティング会社です。

About us

メールマガジン

お問い合わせ

月別アーカイブ

コラム・日記(2016年2月)

RRTファシリテーター養成講座 ベーシックコースを開催しました 2016年2月19日

昨日と今日の2日に渡り、リフレクション・ラウンドテーブル ファシリーテーター養成講座 ベーシックコースを開催いたしました。
リフレクション・ラウンドテーブルの考え方と、背景にある理論を理解し、セッションを運営できる人を養成、認定するプログラムです。
リフレクション・ラウンドテーブルの骨格である、5つのマインドセット、ベースにある理論、具体的運営方法について学びます。

今回の参加者は12名。
実際にファシリテーションをやっていただき、リフレクション・ラウンドテーブルの理解も深めていただきました。
_MG_6682.jpg

受講生からはこのようなコメントをいただきました。

ルネサスエレクトロニクス株式会社 秋山様
「ファシリテーターの難しさを体験できたことがよかった。
皆さん同じような悩みを抱えていることがわかりました。」

パイオニア株式会社 須藤様
「多くの学びがありました。
参加者の方と深く関われたことで、自分が知らなかった自分の発見もありました。」

最後の「あなたにとってファシリテーターとは」という発表では、
皆さんからこのような言葉が出ました。
・参加した人の気持ちを前向きにする人
・相手の成長を心から支援する人
・黒子となって人々に気づきを支援する人
・イキイキとした謙虚さで世界を幸せにする人

最後に、
「2日間、ハードな内容だったが、自信をもって職場に戻れる。活用しましょう!」
という呼びかけがあり、RRTに限定すること無く、普段からファシリテーター的に、
自然体(Good nature)を発揮することが大切なんだと実感しました。
当講座は定期的に開催しておりますので、ご興味がある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。


リフレクション・ラウンドテーブル Woman's Community 体験セミナーを開催しました 2016年2月19日

「女性活躍推進」という言葉が日本中を飛び交うようになりましたが、
皆さまの会社ではいかがでしょうか。
女性管理職の割合を増やそうという声は聞こえてきますが、
当の女性たちはどうでしょうか。
「管理職にはなりたくない」
「私にできるか自信がない」
「ワークライフバランスに影響するのではないか」
そんな声が聞こえてきます。

実は最近の研究発表で、理想的なリーダー像には女性性の要素が多く含まれていることがわかっています。
「表現力豊か」「共感力がある」「つながり」「社交的」「聞き上手」「寛容」「調和」
と聞くと、確かに女性に多く見られる要素だと感じます。
リフレクション・ラウンドテーブルは互いの経験から学ぶプログラムですが、
女性は特に他人の経験からの学びが多いとも言われています。

そこで、私たちは女性活躍を目的としたリフレクション・ラウンドテーブル(以下RRT)体験会をやってみようと考えました(男性の参加も歓迎!)。
2月18日、テンプスタッフラーニング社と共催で「リフレクション・ラウンドテーブル Woman's Community 体験セミナー」を開催しました。
今回はセッションを体験していただくことをメインに、RRTについての説明や事例紹介もさせていただきました。


DSCF1297.JPG

いつものRRTでは男性の中に女性がポツンといることが多いですが、
今回は反対に、女性の中に男性が1人の参加となりました。
女性同士は初対面でもコミュニケーションを取るのが慣れているように見受けられ、
「こんにちは」からセッション体験まで、終始和やかに、そして有意義な対話がなされていたようでした。
セッションでは、まずはマネジメント・ハプニングスを体験していただきました。
この1週間に起こった出来事を語っていただくセッションで、RRTでは毎回やるものです。
ポイントは「自分はどう思ったのか。どんな感情になったのか。」というところ。
内省し、そのときの思いを振り返り、次の行動へとつなげていくセッションです。
やってみると難しいもので出来事だけを語りがちなのですが、今回は皆さんしっかりと内省ができており、
また参加者同士で「実はこう思ったんじゃない?」「こうすればよかったんじゃない?」といった
対話までできていて、"皆さん普段から無意識に内省しているんだな・・・"と感じました。

以下は皆さまからいただいた感想です。
・1人の経験だけでなく、2~3人の経験から学べるのがよい。
・思った以上に傾聴側に気付きがある。
・人の話を聞くとなぞれる。ナレッジが2倍、3倍になる。
・大変良いプログラムであると感じた。女性ならではの考え方が理解できた。

私たちにとっても初めての「リフレクション・ラウンドテーブル Woman's Community 体験セミナー」でしたので、
これからもっとブラッシュアップしながら、回を重ねていきたいと考えています。
次の開催が決定しておりますので、皆さまのご参加をお待ちしております。
詳しくはお問い合わせください。

【リフレクション・ラウンドテーブル Women's Community 公開講座を開催いたします】有料
全6回に渡り、様々な業界から女性リーダーが集う異業種交流型のプログラムです。
詳しくはこちらをご覧ください。

CoachingOurselves女性グループ 体験会を実施しました 2016年2月15日

リフレクション・ラウンドテーブル(以下RRT)は、
ミドルマネジャーが集い経験を分かち合う経験学習のプログラムです。
実は他者との交流から学ぶ力は、男性より女性が強いという調査結果もあり、
J.Feelでは以前より女性だけのRRTをやりたい、という気持ちがありました。

そしてとうとう1月18日、その株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下富士通SSL)にて
富士通グループ6社12名の女性リーダ―層の皆様とコーチング・アワセルブズ(以下CO。
リフレクション・ラウンドテーブルの世界展開名)女性版の体験会を実施いたしました。

IMG_0012.JPG

富士通SSLでは、COのセッション冒頭に行うマネハプ(マネジメントハプニングス)を毎週自主的に実施しているメンバーもいますが、今回はグループ企業の初体験のメンバーのため、まずはCOとは、そして女性だけでやる意味や効果について弊社コンサルタントの岡本から説明しセッションに入りました。

セッション後の感想では、傾聴の難しさや共有の喜びについてだけでなく、
相手の成長を考えた質問の難しさや方法についてのコメントが多く、
COの趣旨をすぐに理解いただけたことに驚きました。

「なぜ女性だけでやるの?」という疑問をもって参加された方の多くが
女性版の良さについて、女性ならではの共感力、楽しみ力や
男性の中での話しづらさを挙げ「女性だけでやること」にもとても意味があるという印象をもったようでした。

体験セッションの感想として
・女性だけだと共感する能力が高く、言わんとすることがわかってもらえた
・女性限定にしなくても、、と思っていたが、女性同士の方が場になじむのが早く、抵抗がなかった
・男性にもたれる固定観念や誤解されそうだと言葉に気を遣わなくて楽だった
・会社生活、今のままではいけないと思っていたので、気づきがえられそう
・リーダーとしての立居振舞から勉強になると思った
・楽しみながら続けられる。続けることで思考が変わっていく気がした
など挙げられました。

今回は実験的に、アイスブレイクなしでCOのセッションをやってみましたが、
経験メンバーのリードもあり、すぐにOPENに対話がはじまりました。
女性は打ち解けるのが早い!と驚き、その後の変容への期待が高まりました。

というわけで、J.Feelは女性限定RRTプログラムを開始いたします!
一社単独、また公開講座もありますので、ご興味ありましたら是非お問合せください。


RRT組織変革事例紹介セミナーを開催いたしました!
ゲストスピーカーは株式会社富士通SSLの白濱 三佐子さん 2016年1月19日

先日、「リフレクション・ラウンドテーブル組織変革事例紹介セミナー」を開催いたしました。
ゲストスピーカーは株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下富士通SSL)
キャリア開発部 課長の白濱 三佐子さん。
コーチング・アワセルブズ(日本展開名はリフレクション・ラウンドテーブル。)を
日本で最初に導入したのが富士通SSLで、白濱さんはその推進担当者を務めています。

セミナーは弊社コンサルタントの岡本より、こんな質問から始まりました。
「今日の気分を天気で現すと何ですか?」
「今、気になる人は誰ですか?」
「一番最近"ありがとう"を言った相手は誰ですか?(言おうとして言えなかった相手でもOK)」
それぞれ、回答時間は10秒!
名刺交換もせずに、いきなりこの質問からのスタート。
DSCF1266.JPG
皆さんとても楽しそうに、
「○ッキーが気になるんですか!?」
「奥さんにありがとうって言ったんですか!?いいですね~」
といった話で場が一気にあたたまりました。
どこの誰だか知らないけれど、「こんなことに興味がある人なんだ」と
先入観なく知れるところが面白かったです。



白濱さんからは富士通SSLでの取り組みについて紹介していただきました。
導入当初は必ずしも前向きではなかったマネジャーたちが、
2ヶ月も経つとイキイキとした表情に。
忙しすぎる、かつ孤独なマネジャーを支援する場がなかったと白濱さんは言っていました。
受講生たちの変化としては
・部下の育成を強く意識するようになった
・夢や成功イメージを持つようになった
・本音で語り合っている
・価値観の違いを感じた
といったことが挙げられました。
卒業生が次の受講生のファシリテーターを務めるなど、前向きな活動が見られる富士通SSLでは
今やマネジャーの半数以上が受講生となっています。
結果として、全社プロジェクトが立ち上がったり、長期戦略を議論する機会が増えるなど
「人が変わり、組織が変わった」というお話でした。

最後に、リフレクション・ラウンドテーブルのセッションを体験していただきました。
皆さん、ご自身の組織に課題を感じているようで、話が止まらない様子。
セミナー終了後も残って話をする方がたくさんいらっしゃいました。
改めて、話をする「場」の大切さを感じました。
皆さん、いろいろと思いはあるけれど、日ごろオフィスで思いを話す場がないのではと感じます。
目標設定の面談や、半期振返りの面談ではなく、評価も何も関係なく、ただ話すということ。
そこからどれほどの気付きや、学習があるかということを知ってもらえたらと思います。

共有する・あとで読む

  • 印刷する

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
ワクワクする職場をつくる。
ワクワクする職場をつくる。
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
協奏する組織
協奏する組織

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.