printHead

J.Feel

ジェイフィールは、良い感情の連鎖を起こすことで、
人と組織の変革を支援するコンサルティング会社です。

About us

メールマガジン

お問い合わせ

月別アーカイブ

コラム・日記(2016年3月)

高橋克徳 連載コラム 「組織と人のイノベーション」④ 2016年3月23日

第4回 イキイキ働くための経営学

今月、翔泳社より「イキイキ働くための経営学」という本を出しました。
今回は、大学院生時代、研究室で席を隣にして学んできた先輩であり、
東京理科大学大学院イノベーション研究科の同僚でもある佐々木圭吾教授と一緒に書きました。

わたしの長い間の問題意識であったのですが、経営学というものを専門にしながらも、
どこかなじめないものを感じてきました。それは、経営学が経営者や管理者のための学問であり、
彼らが達成したい組織成果のために、社員をどう効果的、効率的に動かすかに主眼が置かれていると感じてきたからでした。
「イキイキ働くための経営学」ではなく「イキイキ働かせるための経営学」、あるいは「組織成果に向けて人を動かすための経営学」というニュアンスが見え隠れすることに、どこか違和感がありました。今回、佐々木先生から一緒に本を書こうと誘われたとき、あらためて経営学という学問と向き合いたいと思いました。

私の方では特に、組織論、リーダーシップ理論、モチベーション理論について、理論的な変遷とその背景を意識して整理をしてみました。理論的変遷の事後的解釈であるという側面はぬぐえませんが、時代背景と結び付けながら理解していくと、そこに人に対する見方、仕事や組織に対する意識の変化が見て取れます。一見、多様な議論、理論が、実は一つの大きな流れの中で積み上げられてきたことがわかってきます。
同時にそのストーリーを時代変化とともに読み解けば、経営学の理論や考え方が逆に実社会に影響を与え、現象そのものを大きく変えていく貢献をしてきたこともわかります。経営学はこのように、実社会との対話を繰り返す中で、変化し、進化し続けてきた学問なのです。

こうした目線で見たとき、経営学を学ぶことには、大きく3つの意義があります。
第一に、今起きている現象をより客観的に捉えるメガネを手にすることができること。
第二に、人間観、仕事観、組織観を、自分なりに持つことができるようになること。
第三に、実社会に適用し、自分の周辺から変化を起こすことができるようになること。

ぜひ、こういった視点で、自分自身、組織全体がイキイキ働くために、経営学というものを自分の中に取り込んでみてほしいのです。
なぜ、職場の中では自分らしく振舞うことができないのか。本当に強いリーダーにならないといけないのか。人のやる気はどこから来るのか・・・。そんな疑問を読み解きながら、自分らしく、イキイキと働くために何が必要なのかを考えてみてほしいと思います。

これからの10年、20年で、人も組織も大きな転換期を迎えると思います。コンピュータ、人工知能、ロボットの進化は、多くの仕事を人間から奪うかもしれません。でも、同時に自分たちがやりたいという思いを発信すれば、人とお金を集めて自ら事を興せる時代にもなりつつあります。
自分たちが何のために働くのか、どんな幸せを追求したいのか。そういう思いをちょっとでも口にしてみる、周囲と語り合ってみる。組織という生き物を理解した上で、自分の思いを伝え、周囲の力を借りて、前に踏み出していけたら、きっと「イキイキと働く自分」と出会えるのではないでしょうか。

経営学もそういう意味では、新しい時代に向けてさらなる進化に迫られていると思います。ジェイフィールで議論してきたこと、そこから生まれてきた組織感情やリレーションシップという概念も、この本の中で未来に思考をつなぐ考え方として紹介しています。
あらためてジェイフィールがやってきたことは、人と組織をめぐる理論と実践を結びつけ、そこに変革の本質を見出し、人と組織がよりよく生きるための後押しすることだと再確認しました。これからも、経営現象を読み解く新たな視点、未来への議論の入り口を示し、経営学と実社会の橋渡しをしっかりとやっていきたいと思います。

半年に1度のジェイフィール合宿を行いました 2016年3月16日

半年に一度のジェイフィール合宿を行いました。
今年は珍しくオフィスでの合宿(宿泊なし)となりました。
テーマは"ジェイフィールのこれからについて""未来の組織のために何をやっていくのか"です。
そこで、いつもはお客様にやっていただいているレゴのワークを自分たちでやってみました。
お題は「未来のジェイフィール」です。
このワークの面白いところは、作ったあとに質問し合うところです。
「なぜここに顔があるの?」「なぜ黄色なの?」といった質問に必ず答えを出さなければいけません。
「なんとなく」はNGです。
聞かれてみると、自分でも気付かなかったことに気付くことがあります。
私の場合は「なぜ寒色が多いの?」と言われて初めて「そういえば寒色が多い」と気付きました。
なぜ寒色が多いのか、に答えなければいけません。
その答えに意外と深層心理が隠れているらしいです。
それぞれの作品に共通点もあれば、相違点もあり、意外性もあり、面白いワークでした。

DSCF1327.JPG

その他には「もっと対話を増やしたい」という話もありました。
ジェイフィールは対話が多い会社だと思いますが、
組織立っていない分、お互いのことをよく知ることがとても大事になってきます。
また、よく一緒に仕事をする人と、そうでない人と偏りもあるということで、
3人1組のグループを作り、来月までに「互いのことをよりよく知る」という宿題が出ました。
3人でレゴをやってもいいし、セッションをやってもいいし、ランチをすることでもOK。
なかなか面白い宿題です。

私にとっては今回が3度目の合宿でしたが、合宿をするとジェイフィールの長所・短所が見えることに気付きました。
朝から晩まで、真剣に自分たちの会社のことを考えてみることって、あまりないのではないでしょうか。
1人で考えるのではなく、みんなで考えることで見えてくるものがあると思います。

上海でリフレクション・ラウンドテーブル体験会を開催しました 2016年3月8日

2/2(火)にリフレクション・ラウンドテーブル(以下RRT)体験会を上海で開催しました。

海外でのRRT体験会はジェイフィールで初めてのことになります。
今回は日本人の上海駐在マネジャー、もしくは日系企業の中国人マネジャーがRRTに参加することを想定して開催しました。

上海では大々的な宣伝をすることもなかったのですが、日本や現地で口コミのような形で体験会の話が広がり、人事担当者、経営者など日本人と日本企業で働く中国人、合わせて9名が参加してくれました。もちろん、中国の人は日本語の堪能な方ばかりでした。

体験会は午後14:30に、いつものように小森谷によるRRTの説明でスタートしました。
その後、ルネサスエレクトロニクスの上海現地法人で人事マネジャーを務める前田亮さんに登壇いただき、実際に上海で日本人マネジャーを参加者としてRRTを実施した経験を語っていただきました。上海ルネサスでのRRTは海外での初めてのケースでした。初回と最終回をジェイフィールがファシリテーターを担当した以外は、全ての回で前田さんが一人でファシリテーターを担当されました。前田さんが回を重ねるなかでの参加者の意識や行動の変化、場の盛り上がり、ファシリテーターの醍醐味などを具体的に語ってくれて、参加者も興味深く聞き入っていました。

前田さんの体験談の後、実際にセッションの一部を参加者の皆さんにRRTを体験いただき、終了となりました。セッションの体験では各テーブルとも日本人、中国人の区別なく、楽しく充実した対話がなされました。

IMG_0650.JPG

以下が、終了後のアンケートからの抜粋になります。

・現場のリアルなことを、毎週1時間程度話し合う手法が現実的に有効な手法であることに気づいた(日本人マネジャー)
・内省というシンプルな手法ですが、大きな効果がある様に思いました。(日本人人事担当者)
・今回の体験会に参加できて、本当に良かったと思います。日々の経験を無駄にせずに大事にし、仲間と一緒に内省するのは大変よいと思います。(中国人担当者)

今後中国でRRTを広げていける可能性を感じられる体験会でした。

共有する・あとで読む

  • 印刷する

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
ワクワクする職場をつくる。
ワクワクする職場をつくる。
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
協奏する組織
協奏する組織

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.