printHead

J.Feel

ジェイフィールは、良い感情の連鎖を起こすことで、
人と組織の変革を支援するコンサルティング会社です。

メールマガジン

お問い合わせ

月別アーカイブ

コラム・日記(2016年8月)

森林体験 2016年8月31日

先週、森の中で研修を受けてきました。
講師は、森林セラピストの小野なぎささん。彼女は東京農業大学の森林総合科を卒業後、森を人の健康に活用したいと企業のメンタルヘルス改善に関わる事業に携わってこられました。2015年には一般社団法人森と未来を設立し、都会の人々の休息に森というテーマを取り入れた様々な活動をされています。そんな森のプロに、リフレクション・ラウンドテーブルファシリテーター養成講座スタンダードコースのために、都内でできる森の研修プログラムを実施いただきました。

13882586_1046055338824494_3246975156747827804_n.jpg

朝、京王線長沼駅に集合し、駅前の長沼公園へ。神社にてお参りを済ませ、公園内に足を踏み入れると空気が一変します。長沼公園は丘陵地にある雑木林に覆われていて、暑い日差しは遮られ木々の放つ香りにすぐに身体が反応します。懐かしい思いと共にいかに自然から遠ざかった生活をしていたかに気づかされます。

小野さんのガイドで森を進み、木々の合間の少し広がった場所で敷物の上に寝転がりました。ほんの5分程でしたが、目を閉じ五感が研ぎ澄まされた時間はもっと長く感じました。下草の茂る森の中で寝ころび、目を開けると木々の揺らぎの向こうに青い空が見えました。小野さんによると「揺らぎ」はひとの心を落ち着かせる効果があるとのこと。

森に身を委ね、自分の身体が自然のリズムと調和していきます。人間もリアルな循環を繰り返す自然の一部であると感覚的に理解できます。
外の世界へ足を踏み入れ、それによって自分たちの世界をあらためて理解する中で、今回の養成講座のテーマ「視野を広げる」を考えていきました。

参加者からは以下のような感想が聞かれました。
IMG_0629.JPG
・濃密な1日だった。「身体知」というものを実感した。
・匂い、音、などで今までの自分の経験と重ね合わせることができた。
生活の中で意図的に「森」を身近に感じられる工夫をしてみようと思う
・家族ではよく行っていたが、ひとりで自然と向き合うのはまた全然違うものだと思った。
・自然は、シンプルであるがゆえに厳しくも優しくもある
「あるがままの自分でいる」ことは、力を出し発揮させるとわかった。
・コンクリートジャングルにあこがれて東京に出てきたが、実は日々追われていたことに気づいた。
久しぶりに本当にお腹が空いた。自然の中を走り回っていた昔の自分を思い出した
・自然の流れに身を任せることで、発想力を養うだけでなく、都会で生きていく対応力もつくのではないかと思った。

小野さんには10月開催のRRT世界大会1日目にご登壇いただきます。
森林セラピストの観点からRRT世界大会のテーマである「内省と対話が開く未来」について深めていただきます。
ぜひお越しください。

【女性版】リフレクションラウンドテーブル 立川市の取り組み① 2016年7月22日

第1回 導入に至るまで

「【女性版】リフレクションラウンドテーブル」を最初に導入したのが立川市です。
今年の5月からプログラムを開始しました。
民間企業と同じく、行政でも女性管理職を増やそうという取り組みが進められています。
立川市では女性管理職を増やすことだけでなく、市役所全体として「自らの意思で管理職を目指す職員」の育成という目標を掲げており、その一環として女性だけでのリフレクションラウンドテーブルを開始しました。
第一回の受講者は主に係長職の女性12名です。
先日、中間セッションを終え、折り返し地点を通過したところですが、少しずつ受講者たちに変化が現れています。
この日記では立川市の取り組みについて、シリーズ化してお伝えしていきたいと思います。

立川市の人事課がリフレクションラウンドテーブルに興味を持っていると聞き、最初に市役所へ伺ったのは昨年秋頃のこと。
立川市のキャリアデザイン研修を行っていたNPO法人ArrowArrowから声を掛けていただき、一緒に取り組みを進めることになりました。
プログラムの詳細や進め方はもちろん、受講者が積極的に参加するためには何が必要か、受講者の上司の理解を得るためには、などいろいろなご相談がありました。
・毎週集まること(1回75分)
・およそ半年続けること
これがリフレクションラウンドテーブルを導入する際に二の足を踏まれるところ。
「習慣化」がひとつのポイントであり、行動変容を促すためには必要なことなのですが、本人の参加意欲、周囲の理解などが欠かせません。
リフレクションラウンドテーブルは既に60の企業や組織に導入されていますが、どこでも最初は不安を抱かれるものです。
私たちは今までの経験を踏まえながら、人事課の方々とひとつひとつ話合いを重ねました。
最終的に導入が決まったのは今年3月のことでした。

まずは上司の方々にプログラムのことを知っていただき、プログラムのこと、これをやる意味などを理解していただく必要がありました。
そのために説明会を開催し、そこでセッションの一部も体験していただきました。

P4121862.JPG

さらには副市長から皆さまに直接語っていただき、これが組織としての取り組みであることを理解していただきました。
最後には受講者の上司の方々のみ残っていただき、「部下の参加に協力してほしい」とお話しました。
「毎週行かなきゃいけないの?」「議会が始まったら難しいなぁ」といった率直な感想をいただきつつ、
「遅刻早退してもいいので、ぜひ参加させてください」とお願いしました。
また、プログラムが進むにつれて今までとは違った行動、発言、変容が起こるときにブレーキを掛けないでほしいということもお願いしました。それは本人にとってチャレンジであり、組織への働きかけであることを理解してほしいのです。
最終的には皆さん納得してくださったようにお見受けしました。

こうして、リフレクションラウンドテーブル開始の準備が整ったのでした。

共有する・あとで読む

  • 印刷する

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
ワクワクする職場をつくる。
ワクワクする職場をつくる。
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
協奏する組織
協奏する組織

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.