printHead

J.Feel

ジェイフィールは、良い感情の連鎖を起こすことで、
人と組織の変革を支援するコンサルティング会社です。

About us

メールマガジン

お問い合わせ

コラム・日記(小森谷浩志)

小森谷浩志 連載コラム「東洋思想と組織開発」⑧ 2016年11月25日

第8回

仙厓(1750〜1837)というちょっと変わったお坊さんがいます。
臨済宗の禅僧で、日本最古の禅寺である、博多聖福寺の住職として活動しました。
坐禅の合間に筆墨で絵をよくし、衆庶から慕われた方です。

禅僧の墨画ですので、そこには、禅の境地が描かれているのですが、
何とも愛らしい、ユーモアに満ちた作品で、思わず微笑んでしまいます。

先日まで、出光美術館の開館50周年で、福岡美術館と九州大学文学部からも合わせ、
かなりの作品に触れることができました。
見逃してしまった方は、規模はこぢんまりとしていますが、
現在、文京区の永青文庫でも展示があります。

IMG_3624.JPG

一際目をひいた作品、2点を紹介したいと思います。
ひとつは、「○△□」という作品。
3つの図形だけを書いた、いたってシンプルなものです。
他の絵と違い、解説の賛文が無く、解釈は見る者に委ねられています。
諸説あって、日本に影響の強い3つの宗教、
仏教、神道、儒教を表現しているというもの、
また、四角の頭が、坐禅(△)することで、丸くなるという、
修行の段階を示したというものもあります。
世界に禅を発信した発端の人、鈴木大拙は、
海外の展覧会において、「宇宙(Universe)」と名付けたことでも有名です。

ふたつ目は「秋月画賛」。
英語名は「Illusion」、幻覚と名付けられていました。
秋の月が描かれているのですが、二重になっています。
思い込みで、無いものが見えてしまっている、
固定観念や先入観を警告しているようです。
見たいように見て、考えたいように考えていては、
過去の再生産、新しいものを生み出すことはできません。
これは、組織開発にもつながる話です。

今回は、仙厓の作品から考えたことをご案内致しました。
今の季節、永青文庫に向かう、江戸川橋公園を抜ける道すがら、
紅葉を楽しむのもいいかも知れません

小森谷浩志 連載コラム「東洋思想と組織開発」⑦ 2016年1月12日

第7回

『チーズはどこへ消えた?』15年前にベストセラーになった本のタイトルです。

十牛図では、
「牛はどこへ消えた?」が主題となります。
そして後半では、
「牧人(牛飼い)はどこへ消えた?」も主題として加わります。

チーズは、自分が大切にしているものの象徴でした。
それでは、十牛図での牛は、何を表しているのでしょうか?

ひとことで言うと、
本当の自分、「真の自己」ということになります。
十牛図は、牛と牧人が登場する、真の自己探求の物語です。

さて、探求の旅を始めるにあたって、
どうしても欠かせないことは何だと思いますか?
それは、真の自己にたどり着いていない、という実感です。
あ〜自分は分かっていない、できていないという深い自覚です。
時として自己嫌悪、落胆、焦燥などを伴う、
気持ちがいいとは言えない感覚です。
真の自己を見失っていることに気づいていなければ、
真の自己を探さないということです。
「無知の知」の深さが求められるのです。

そして、なぜ真の自己を探求しなければならないのでしょうか?
自分に向き合うのはエネルギーの要る、しんどい営みです。
美点もある一方で、深まれば深まるほど、
見たくない自分、醜い自分との対峙もあるでしょう。

「方向性」を決めるためといえるのではないでしょうか?
自分がどちらに進んでいくのか決めるにあたって、
まずは、その自分とは何かを深めておく必要があるからです。
自分を知らずして、どちらに進むかを決めることはできません。
これは、ハーバード大学教育学部のロバート・キーガン博士が、
人間存在を規定する最も本質的な精神活動を、
「自分とは何なのか」、「世界とは何なのか」について物語をつくること、
指摘していることとも符合します。

また、密教の『秘蔵宝鑰』では、
序に、「三界※1の狂人は狂せることを知らず、
四生※2の盲者は盲なることを識らず」とあります。

狂であっても、盲であっても、
狂であること、盲であることを知っていれば、
進む道筋は決まってくるでしょう。
十牛図の、自己探求、自己の実現の旅でも、
まずは出発点で求められるのは、
自分は迷っているという自覚なのです。

本来を見失っているのにも関わらず、
非本来を本来と思い込んでいるうちには、
スタートを切ることはできないのです。
迷いがあるから悟りもあるといえるのです。
禅では「今を生きる」ことの重要性が説かれますが、
自己を深く知ることで、方向性が加わり、
自己の可能性の開花につながっていくのです。
自分を知ることで、いったい自分は何を大切にしているのかも、
見えてくるでしょう。

今回は真の自己探求の旅の出発点について論じました。
次回からは、十牛図の十の絵図に従って、旅を進めて行きましょう。


※1欲望の世界、物質の世界、精神の世界のこと。仏教の世界観で生きとし生けるものの止住する世界を3つに分けたもの
※2あらゆる生きものを4種類に分けたもので、胎内に宿って生まれる胎生、卵から生まれる卵生、湿りから生まれる湿生、自らの行為の力によって忽然と生ずる化生をいう。宮坂宥勝監修『空海コレクションⅠ』参照


小森谷浩志 連載コラム「東洋思想と組織開発」⑥ 2015年9月8日

第6回

先日、新幹線が開通したばかりの金沢に行って来ました。
2つほど目的地がありました。
1つ目は、鈴木大拙館、
2つ目は、西田幾多郎記念哲学館でした。

大拙は、国際的な仏教哲学者であり、禅を広く海外に紹介した立役者※1。
一方、西田は、近代日本哲学者の最高峰と称される哲学者※2。
この日本を代表する二人の巨人は、
明治3年生まれの同級生で、同郷、無二の親友だったそうです。

西田幾多郎記念哲学館の展示室で、始めに迎えてくれるのが、
円相(禅僧が描く円で宇宙の真理、悟りの境地を表現している)の中に展開される、
「十牛図」。
そこでは西田の書簡が二つ紹介されていました。

ひとつは、哲学者田辺元に宛てたもの。
「禅を学ぶのであれば、まずは『十牛図』がよい」というもの。
もうひとつは親友大拙に宛てたもの。
「『十牛図』が手元にあったら貸して下さらぬか」というもの。
若い頃から参禅していた西田は、
『十牛図』を大切に位置づけていたことが伺えます。

その『十牛図』とは、どのようなものなのでしょうか?
十牛図では、その名前通り、十の絵図が展開されます。
そして、牧人と牛が登場します。
牧人と牛の物語の中では、「真の自分」がテーマです。
上田閑照は、「往々にして私達は自意識は過剰であるが自覚には乏しい」、
と警笛を鳴らします。
己の真のあり方を探求するのが、自覚宗教としての仏教の真骨頂です。

なぜ、われわれは現在において真の自己のあり方を探求する必要があるのでしょうか、
そして自己探求が必要だとして、どのように進めればいいのでしょうか、
次回は、十の絵図を一からひも解きつつ、
自己探求のWHYとHOWについて語って行きたいと思います。

※1
代表作として、『禅と日本文化』、『日本的霊性』があります。
個人的には、ちくま文庫の工藤澄子訳『禅』がお勧めです。
悟り、禅と仏教一般との関係、禅指導者の実際的方法といった章が並び、
禅を多面的に解き明かしてくれます。
訳者の工藤も南禅寺に本山僧堂に通参した大姉であることが、
文章に深みを与えているように思います。

※2
日本哲学の座標軸と評される『善の研究』が代表作。
その中で、善をどのように定義しているかというと、
「善とは自己の発展完成(self-realization)である」としています。
西洋の伝統を踏まえ、西洋的思考の枠組みそのものを問題とした本書は、
百年後の今日まで日本の哲学の座標軸(藤田正勝)と言われています。

小森谷浩志 連載コラム「東洋思想と組織開発」⑤ 2015年7月21日

第5回

仏教とは何か?
大きな問いです。

仏とは仏陀のことですので、「仏陀の説いた教え」というのが、
一番自然に導かれる答えでしょう。

また、初回にも触れたように、仏陀とは「目覚めた人」の意ですので、
「目覚めるための教え」、「悟りをえるための教え」とも言えそうです。

つまり、仏教とは「仏陀の説いた教え」と、
「目覚めるための教え」の2つの意味があると言えます。

仏教には地域という観点だけでも、
インド、中国、朝鮮、日本、チベット、スリランカ、タイ等があり、
最近ではアメリカ、ヨーロッパ仏教という言い方もあります。
伝播ということでは、北伝、南伝とも言いますし、
思想としては、原始、小乗、大乗、密教などもあります。

時代性や地域性に合わせて、目覚めるにはどうしたら良いのだろうかを、
探求し発展してきた教えととらえることができると思います。

さらに、仏教を今なお、発展し続けているとダイナミックに捉えると、
仏陀の説いた教えを基礎としながら、それを謙虚に学びつつ、
今のわれわれの生活に活かすものであるし、
その責任が委ねられているとも言えそうです。

唯一絶対の経典があって、それに従わねばならないというのとは、
明らかに違う、変化や関係性の彩りを感じます。

このコラムのテーマは「東洋思想と組織開発」。
ここまで、変化、脱皮、幸福というキーワードを考えて来ました。
今回は、仏教とは何かという根源的問いから、
仏教の特徴を捉え直してみました。
多様で、現在も変化、発展中なのが仏教と言えそうです。

さて、皆さんへ質問です。

唯一絶対の答えが無いとしたら、あなたはどうしますか?


次回からは、禅の基本的手引き「十牛図」をとりあげ、
組織開発について探求を続けていきたいと思います。

小森谷浩志 連載コラム「東洋思想と組織開発」④ 2014年6月2日

第4回

「東洋思想と組織開発」④
前回は、仏教最古経典、「スッタニパータ」をとりあげ、脱皮をテーマに、自分に向き合うことの大切さについて論じました。

今回は、同じ「スッタニパータ」から、仏陀の幸福論をとりあげ、組織開発の在り方を探究してみたいと思います。

「スッタニパータ」の第二章の中に「こよなき幸せ」という節があります。
そこには、十の文章が並んでいます。
いくつか列記してみます。

「適当な場所に住み、あらかじめ功徳を積んでいて、みずからは正しい請願を起こしていること」
志や理念の大切さを説いているように思えます。

「深い学識があり、技術を身につけ、身をつつしむことをよく学び、ことばがみごとであること」
ここでいう「ことばのみごとさ」とは相手を恐れないで、自由に言葉が口を出ることです。
練磨継続の重要性を示しているように思えます。

「父母につかえること、妻子を愛し護ること、仕事に秩序あり混乱せぬこと」
人生の主人公になることを示唆しているように思えます。

ここで皆さんへお尋ねしてみたいことがあります。
組織開発を「組織の人々を幸せにする営み」と定義するのは突飛でしょうか。

現に、幸せを追及することを表明し、本気で実践している企業があります。
例えば、寒天のトップメーカー、伊那食品の塚越会長は、経営にとって 本来あるべき姿とは「社員が幸せになるような会社をつくり、それを通じて社会に貢献する」ことだと言います。急激な成長ではなく、木に学ぶ「年輪経営」でも有名な同社は、創業以来48期増収増益という驚異的な数字を達成しています。

また、ブラジルのコングロマリット企業セムコは、
Fortune(フォーチュン)500 ではなくて、Fortunate(幸せな)500企業を目指せと標榜しています。

こうした企業は幸せを追及することで、自らの生命力を増しているように見えます。

仏教を基点とすると、組織開発とは組織で働く人々の幸せを追及にする営みであると言えそうです。

さて皆さんは、ともに働く人々の幸せのために何をしたいですか?

小森谷浩志 連載コラム「東洋思想と組織開発」③ 2014年3月17日

第3回

仏教の最も古い経典に「スッタニパータ」があります。
著名な仏教学者中村元先生は、「スッタニパータ」を、
仏教の開祖仏陀の「生き生きとした姿に最も近く迫りうる書」と言います。

この中にある動物が沢山出てきます。
何だと思いますか?
その動物とは、蛇です。
第一章は「蛇の章」で蛇のオンパレードです。
なぜ蛇かと言うと、"脱皮"の象徴として出てきます。
組織開発も仏教も変わることを取り扱うという重要な一致点があります。
それでは、どうしたら変わることができるのでしょうか?
仏教ではどのように捉えているのでしょうか?

仏陀とは「目覚めた人」の意です。
何に目覚めるかというと、自分と言うことです。
自分に目覚めることが、大きな変化、"脱皮"へとつながると考えます。
組織開発の文脈からすると、自分と自分たちに向き合うことです。

例えば、環境への献身的な貢献でも有名なアウトドアメーカーのパタゴニア創業者、
イヴォン・シュイナードは、かつて会社が危機に瀕したときに
「なぜビジネスに携わっているのか、パタゴニアをどんな会社にしたかったのか」
とメンバーたちと自問したそうです。

4月、新しい仲間が入ってくる組織も多いことと思います。
新しい人やその見方に触れることは、自分と自分たちに向き合い、
自分の偏りや囚われに気づくチャンスとなります。
脱皮の機会となるいい季節ですね。
是非、積極的に新たな人たちと対話してみてはいかがでしょうか。
貫くことと手放すこと、その両方が見えたとき自分たちらしい脱皮が始まると思います。

小森谷浩志 連載コラム「東洋思想と組織開発」② 2013年10月18日

第2回

今回は、仏教思想の中でも重要な「諸行無常」を取り上げ、
組織開発と仏教の重要な一致点でもある、変化について探究したいと思います。

組織開発とは何でしょうか。アメリカにある組織開発ネットワークの定義を見てみますと、
「組織やコミュニティに連鎖的な変化を起こす価値観主導だがダイナミックな手法である。とりわけ組織やコミュニティや社会が望ましい状態に変わり続ける能力を構築する努力である」とあります。
端的に言いますと組織の健全化や活性化に関わることであり、
変化や更新が含意されています。

変化について仏教では全ては移り変わるとし、「諸行無常」と言います。
これは、原始仏教の中核思想、三法印の一つで仏教思想の根本原理です。
『岩波仏教辞典 第二版』では「人間存在を含め、作られたものはすべて、瞬時たりとも同一のままでありえないこと」と説明してあります。
有名な一節に鴨長明の『方丈記』の冒頭に、
「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」
がありますね。

無常というと、厭世的、悲観的なニュアンスを感じる方もおられると思いますが、
順境から逆境とともに、逆境から順境もまた無常です。
現在良くない状況であってもそれがずっと続くのではなく、
やり方次第で好転する可能性を秘めているということです。
常に変化するということは、変えることができる可能性に満ち満ちているということ、
自らの手で、可能性を広げることができるということです。
「諸行無常」からの重要な示唆は、
変化は可能性そのものであるということではないでしょうか。

ここからすると組織開発とは、変化の連続態としての世の中において、
自らの手で、自らの可能性を広げていくことと言えそうです。
変化という関連でインド独立指導者ガンジーの名言があります。

「あなたが見たいと思う変化に、あなた自身がなりなさい」

さて、あなたは自らの可能性に向けてどんな一歩を踏み出しますか?

小森谷浩志 連載コラム「東洋思想と組織開発」① 2013年9月5日

第1回

私は、組織開発を専門としています。マネジメントチームの支援や固有の特徴を捉えた部門内の活性化、部門横断型の企業の変革などに日々関わっています。その中でいつも浮かび上がってくる問いがあります。

「人と組織のより本質的な変容はいかにしたら成し得るのだろうか」ということです。

そのヒントを東洋思想の助けを借りて探究してみたいと考えています。なぜ東洋思想なのかということですが、大きく3つの理由があります。

① 全てに命が宿るという生命性に基づいていること
② つながりを重んじ関係性を大切にすること
③ 全ては変化するという脆弱性が宿っていること

哲学者の上田閑照は「東洋人だから東洋的であるのではない。むしろ東洋人である日本人が忘れている在り方」という言い方をしています。東洋思想の豊かな土壌に立つ日本人として、東洋からしか成し得ない世界貢献の道があるのではないかと思います。
なお、東洋思想も広範囲に及びます。ここでは、東洋思想の極点としての禅やその元である仏教に焦点をあててみたいと思っています。

今年2月に約10年ぶりに来日を果たした、経営学の泰斗ヘンリーミンツバーグは日本へのメッセージとして次の言葉を残していきました。

「私の見立てでは日本はアメリカ病にかかっている。日本はアメリカに学ぶべきではない。日本は日本の本質に学ぶべきである」

この言葉は、私の中で今なお響いています。日本の本質とは何なのか、そして日本しか成し得ない世界への貢献とは何なのか、それは深いレベルの組織開発とどう関わっているのか、皆さんと探求してみたいと思います。

次回は、「変化」を取り上げてみます。
組織開発とは何でしょうか。端的に言いますと組織の健全化や活性化に関わることであり、変化や更新が含意されています。変化について仏教では全ては移り変わるとし、「諸行無常」と言います。これは、原始仏教の中核思想、三法印の一つで仏教思想の根本原理です。組織開発と仏教の重要な一致点でもある、変化について探究したいと思います。

共有する・あとで読む

  • 印刷する

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
ワクワクする職場をつくる。
ワクワクする職場をつくる。
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
協奏する組織
協奏する組織

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.