月別アーカイブ

コラム・日記(2020年12月)

開催レポート:関係革新セミナーシリーズ第4弾!
孤立する人をつくらず、ともに変化する職場をつくる
~テキスト公開 ~ 2020年12月11日

開催レポート:関係革新セミナーシリーズ第4弾!

関係革新セミナー第4回 職場のメンバー同士の関係革新
「孤立する人をつくらず、ともに変化する職場をつくる」
~あなたの組織の関係の土台、揺らいでいませんか?~

「閉じこもる働き方」「対話や議論が出来ない」「お互いが見えない」ことにより、
働く喜びが見いだせない、想いや志が出てこない、仲間の大切さが分からない。

そんな、お互いが関わりあえない職場は、コロナ禍により「職場で孤立する人々」を益々増やしてしまいました。
そういった職場が増えていくなか、職場の仲間同士の関係性はどうあるべきなのか?

今回は株式会社テプコシステムズ様の担当者様との全6回の研修をもとに、お互いが信頼関係でつながり、
新しいことを提案し合う職場のあり方を改めて考えていきました。

研修目的はイキイキした職場を目指す事、そのためまずは職場の関係性を構築していきました。
そんな矢先、コロナにより研修を急遽ストップすることに...。培いはじめた関係性への薄れが危惧されるなか
「こんな時期だからこそコミュニケーションが必要だ!」という担当者様の思いからオンラインでの研修を再開。

再開後の研修では、各自が抱えるお互いの困り事や溜まっていた思い
「コロナでこの先の仕事はどうなるか」「職場のコミュニケーションが減っている」
この先どうしていけばいいかといった、素直な気持ちを共感し合うなかで、少しずつお互いに踏み込む関係性が出来始めました。

次の研修では、皆の困り事を起点に現状を話し合い、コロナ前に当たり前だった事柄や業務への問い直しと未来への対話を重ねました。
不安点や困り事を共感し合うなかで、信頼関係の土台が醸成され、前向きに課題に向き合う姿勢が育まれていきました。

さらに次の研修では、本当に職場で変えていきたい事を対話しました。
特にオンラインでの偶発的なコミュニケーションの取りにくさの解消施策を考えるなか、職場で大切にしたい事の本質に改めて向きあいました。
そういった点に一人一人が向き合うことで、「自分達でこの状況を切り開けるかも」という期待感や前向き感が生まれました。

また、ここで大きな研修効果をもたらしたのは担当者様の「なんとか私も頑張らなくては」という熱意でした。
本当は出席したかったが、急遽仕事の障害や家庭の事情で欠席せざるをえなくなった申し訳ない...という無念感が
伝わるメールの数々に心を動かされ、全欠席者に自身が講師となって自主的にフォロー研修を複数回実施。
また、ワーキングチームと共に受講者がより話しやすくなる取り組みも始めました。
その甲斐があり受講者の熱量が向上していきました。

最後の研修では、今までのふりかえりと大切にしたい事、具体的に職場で一人一人が何をしていくかを語り合いました。
素直に感謝の気持ちを伝える言葉、これをすべきだと真剣に語る姿、そんな一人一人のメッセージが重なり合い、
自分事だけではなく、チームのために頑張っていきたいという思いに研修の場が変化していきました。

研修後の組織感情診断では、多くのチームでイキイキする職場の目的を達成。研修当初の思いが形になりました。
また、その後の施策としてコミュニケーションの場を若手メンバーが運営。この点いた火を冷まさないため、
対話を常に重ねながら大きな動きを現在も起こし始めています。

一人一人の意識が変わり、それが大きな変化を少しずつ生み出した。束ねたら大きな職場の変化に繋がっていた。
担当者様の熱意×受講者の熱意×J.feelの熱意が大きな感情のうねりを起こし、
組織の雰囲気を変革する動きに繋がった株式会社テプコシステムズ様の事例でした。

コロナ禍によって、改めて可視化された職場の姿
本当にこのままでいいのでしょうか?

対話を止めず、一人一人の感情を大切にしていく。
感情と思いをつなげ、皆で一緒に変化を生み出していく共創の変化。

私達に必要なのは、目の前の人とどう利他で関わりあえるか、
それを応援しあえるかという間人主義なのかもしれません。

これからも、できるだけ多くの企業の方々と共に
未来を創っていけたらと思います。

最後に、当日の投影した資料は以下から
ダウンロードできますので、是非、身近な人と
問題意識を共有してみてください。

第4回メンバー同士でつながるVr3.1.pdf
4-1.png

開催レポート:関係革新セミナーシリーズ第3弾!
人と仕事の新しい関係をみんなで見出す
仕事は会社から与えられるものという意識が広がっていませんか?
~テキスト公開 ~ 2020年12月11日

セミナーレポート
関係革新セミナー第3回
人と仕事の新しい関係をみんなで見出す
~仕事は会社から与えられるものという意識が広がっていませんか?~

コロナ禍による
在宅・リモート勤務や空白の時間は
「働くとはなに?」
「仕事とはなに?」
「生きるとはなに?」
を改めて考える良いきっかけとなりました。

その中で
「自分らしい働き方」
「自分らしい生き方」
「自分らしくいられる仕事」
を模索する動きが始まっています。

一方で会社側は
リモート環境の整備や
在宅勤務のルールづくりなど
周辺において様々な施策を打っていますが
その前提となる
『人と仕事の関係性』においては
いまだ明確な方向性を持ちだせないままでいるように見えます
(または、ビフォーコロナの前提で進んでいるように)。

今回のセミナーでは
経営側・人事側の視点に立った時
『人と仕事の新たな関係性』をどう捉えるか
・"仕事"を通しての幸福感
・"仕事"へのエンゲージメント(熱意・没入感)
という視点から考えていきました。

そして後半の対話セッションでは
参加者の皆様と共に
・「あなたにとって仕事とは」
・「今の仕事はあなたを幸せにしてますか」
・「これから、あなた自身が幸せになるために、どんな仕事を創っていきたいですか」
を語り合いました。

参加者の皆様からは
・「幸せになるために仕事を創っていくという問いかけ、発想が大事だと気づかされた」
・「仕事を通しての幸せやエンゲージメントは、世代を越えてみんなで考える事が大事」
・「これを、個々人の問題だと考える企業と、会社が社員と一緒に考える企業とでは、大きな差になるだろう」
というご意見が出てきました。

特にこれから
仕事やキャリアを
=既存の会社や職業からのダウンロードとして考えるのではなく
「どんな社会を創りたいか」
「どんな自分でありたいか」
「自分らしくいられる仕事をどう創るか」
と考える子供たち~Z世代が
社会に出てくるにあたり

彼らと同じ未来を見ようとする企業と
そうでない企業との間で
大きな違いがうまれるのかもしれません。

できるだけ多くの企業の方々と共に
未来を創っていけたらと思います。

最後に、当日の投影した資料は以下から
ダウンロードできますので、是非、身近な人と
問題意識を共有してみてください。

【ダウンロード資料】20201209_3回目_人と仕事の関係革新.pdf

4-2.png

開催レポート:関係革新セミナーシリーズ第2弾!
「見えないからこそ○○でつながる
上司・メンバーの関係性を再構築する」
テキスト公開 2020年12月4日

開催レポート:関係革新セミナーシリーズ第2弾!

「見えないからこそ○○でつながる
上司・メンバーの関係性を再構築する」
~管理や成果でつながろうとしていませんか?~

関係革新セミナー(全4回)の第2回目が12/4(水)に「上司とメンバーの関係革新編」として開催されました。
今回はウェビナー開催ではなく、対話型のセミナーとさせていただきましたが、
第1弾に続き大変多くの皆さんにご参加いただき本当に有難うございました。

私、阿由葉(あゆは)が今回のセミナーを振り返らせていただきます。

今回、「上司とメンバーは○○でつながる。○○の中に皆さんだったらどんな言葉を入れますか?」
という問いかけからスタートさせていただきました。
その答えを見つけに参加された方や、確信を持ちたいから参加した方などそれぞれご自身の思いを確認いただきました。

その後、上司とメンバーの関係性に今、どんなことが起こっているのか?
そして、何が課題なのか?を皆さんと一緒に振り返っていただきながら考えていただきました。
そして、上司とメンバーが新しい関係性をつくるために必要な2つの課題
(1.上司の根幹にあるマインドセットを変える 2.上司とメンバーとの実際の関係を変える)
についてそれぞれ実際にお客様と一緒に取り組んできた事例を通じて皆様と対話をさせていただきました。
【配布用】第2回上司とメンバーの関係革新統合版3.pdf
(詳しくはテキストをご覧ください)

事例紹介を通じて皆さんから、下記のように様々なご意見・ご感想をいただきました。

・「思いを語る、語り合えるような関係に、研修を通じてなれるのがすごいです。
もともと、そうした風土がある企業なのかもしれませんが。」
・「同じ人間同士と言ってしまえば簡単ですが、そこには役職・役割・立場など組織の壁がたくさんあります。
打破するための第1歩は、部下を信頼して格好悪い自分を見せる勇気かも知れませんね。」
・「仕事に自信のない方が、自ら自己開示をされることってすごいですね。本音での対話ができています。
そこまでできる組織文化に変容できることはうらやましい。」
・「上司自身が理由をきちんと理解できていないと、「なんで」には、回答できないですね。
説明できるように上司もきちんと考えるサイクルが回ると、状況が変わるきっかけになるのではないかと思いました。」

今回、皆さんからのご意見・ご感想をいただいてあらためて気づいたのですが、
私達が今回お伝えしたかったのは、
「上司とメンバーの関係を考える前に、
上司も部下もお互いに一人の人間であるということをあらためてちゃんと認識しましょう」
ということだったのかもしれません。
目に見える情報、表面的な会話だけでやり取りできてしまう環境が整っている今だからこそ、
人として目に見えない「感情」「思い」の交流が必要なんだと思います。

・・・とここで、事例紹介の際に和田さんはしっかり自分の感情を皆さんに伝えていたのに、私は皆さんに自分の感情をお伝えするのを忘れていたことに気づきました・・・。
私は事例プログラムを通じて大きく変化していったマネジャーの皆さんを前に、
最後の一言で「皆さんと一緒に働きたいです!」と思わず言ってしまいました。
正直、このままいつまでも皆さんと対話していたい、そんな気持ちが自然と生まれたのです。
普通は「えっ・・・何を言ってるの?」って思いますよね。
でも、なんと、それを聞いたマネジャーから「ようこそ!わが社へ!(笑)」
とあたたかいメッセージをいただきました。
まずはお互いの気持ち、感情を伝えあうことから新たな関係が生まれ、
お互いの信頼関係に繋がっていくのだと思います。
上司とメンバーももっとお互い人間らしく関わっていけたら変わっていけるのかもしれません。

それでは、次回、第3弾のセミナーへの皆様のご参加を心待ちにしております。
これからも、セミナーを通じて皆さんと感情を通じた対話が出来ることを楽しみにしております!
関係革新セミナー2.png

共有する・あとで読む

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
みんなでつなぐリーダーシップ
みんなでつなぐリーダーシップ
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

DigiCert Seal

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.