ご機嫌な職場日記

  • ホーム >
  • コラム・日記 >
  • 11/9〜10の2日間に亘り「リフレクション・ラウンドテーブル」ファシリテーター養成講座ベーシックコースが開催されました。

11/9〜10の2日間に亘り「リフレクション・ラウンドテーブル」ファシリテーター
養成講座ベーシックコースが開催されました。 2015年11月13日

初日は、質問だけの自己紹介からスタート、場があたたまったところで、
リフレクション・ラウンドテーブル(以下RRT)の概要、
ミンツバーグの経営論、
ファシリテーションのスキルとマインドについて学びました。

1.JPG

RRTの概要では、内省と対話とともに、
優れたマネジャーに共通する5つのマインドセットについて押さえました。
水泳や自転車を習得するのと同じで、言葉に表現しきれない複雑な知恵は、
失敗や成功を重ね、やってみて身に付けるしかありません。
そのために有効なのが内省と対話であり、
5つのマインドセットという枠組みがあることで、
それがよりパワフルになることを深く理解して行きました。

2日目は、前日撮影した自分のファシリテーションを見直し、
傾聴、質問、フィードバックをどのように組み立てて行くのか、
その根源として、自らの自然体が発揮できているかを検証しました。
3つのセッションのファシリテーションも行いました。

今回特に印象的だったのが、固定観念に向き合う内省でした。
職場で気が合わない人、仕事がしづらいと感じている人とのエピソードを振り返り、
その時、どのような聞き方をしていたかを自覚的に内省することを糸口に、
深いレベルで、知らず知らずのうちにはまり込んでいる自分のパターンを
あぶり出していきました。

2日間を終え、次のような感想がありました。
RRTの自走運営を目指すマネジャー
「自分に足りないものは『観察力』であることに気づけたのが良かった。部門長として、現場との距離を感じていたので、これから『観察力』を磨き一人ひとりを理解していきます」

組織開発担当者
「他者からのフィードバックは自分の成長を促進させると改めて気づいた。自分の成長ポイントが分かった。ファシリテーターのあり方について自分の答えをもつことができた。」

部門人材育成マネジャー
「日々の業務から離れて内省することができた貴重な2日間だった。マネジメントについて深く知りたいという興味が生まれてきた。自らのスタイルや自然体(にじみ出るその人らしさ)を把握することができた」

次回は、2/15、16となります。
わくわく職場や人の成長に取り組みたい方、
是非共に学び合い、磨き合いをしましょう。

月別アーカイブ

前のページ
片岡裕司 連載コラム 「『働く...

次のページ
HRカンファレンス 2015秋...

共有する・あとで読む

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
みんなでつなぐリーダーシップ
みんなでつなぐリーダーシップ
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

DigiCert Seal

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.