メールマガジン

ジェイフィール メールマガジンは楽しい会社、元気な会社、良い仲間に恵まれた会社にするための情報が詰まったメールマガジンです。
登録はメールアドレスを入力いただくだけ。ぜひご登録ください!

2012年5月29日配信 成長する型 2012年5月29日

今回の担当は片岡です。

新入社員の受け入れが一段落するこのシーズン。
多くの会社で階層別研修がスタートする時期でもあります。

管理職になりたくない若者が増えているとか、
管理職に登用したら辞表をだされたなんて話も聞きますが、
新任管理職研修で出会う皆さんの表情は、やはり晴々とし、
また議論も前向きと感じます。

大きな期待と不安をいだくこの時期。
新任管理職の皆さんにはいったい何を身に付けることが重要なのでしょうか?
色々と必要な知識や会社のルールなども詰め込まれますが、
一番重要なのは、「経験から学び、成長する型」を身に付けることです。

マネジャーという高度な仕事に習熟していくためには、
経験を通じ成長していくしか道はありません。
どんな経営者にインタビューしても、
飛躍のきっかけは仕事の経験であって、
研修やMBA取得であることはまずありません。

では、「経験から学び、成長する型」とはいったい何なのか?
キーワードは内省(リフレクション)です。
最近経団連から出されたレポートにも、
ミドルマネジャー自身に求められる5つの心得の一つとして、
「自分のマネジメントスタイルについて常に内省する」
という項目があげられていました。

http://www.keidanren.or.jp/policy/2012/032.html

しかし、内省という言葉が広く知られるようになることは良いのですが、
正しい内省の方法論が定着していないように感じます。
誤った内省は、固定観念をより硬く、厚くし、逆効果に終わります。

マネジャーがどのように経験に向き合い、
内省を通じどのようにその経験から学んでいくのか。
ポイントはいくつかありますが、例えば、

・経験を事実と感情を分けて振り返る
・マネジメント理論など軸となる考えを活用して振り返る
・様々な視点から経験を振り返る(複数のメンバーと)

などが挙げられます。

様々な視点を活用し、自分自身の固定観念を揺さぶり、
新たな視点を獲得していく。
そんなマネジャーとしての正しい内省の方法。

ぜひ、しっかりと身につけていきましょう!

バックナンバー 一覧

メールマガジンに登録する

前のページ
2012年4月24日 輝け!奇...

次のページ
2012年6月14日配信 "職...

共有する・あとで読む

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
みんなでつなぐリーダーシップ
みんなでつなぐリーダーシップ
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

DigiCert Seal

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.