メールマガジン

ジェイフィール メールマガジンは楽しい会社、元気な会社、良い仲間に恵まれた会社にするための情報が詰まったメールマガジンです。
登録はメールアドレスを入力いただくだけ。ぜひご登録ください!

2017年2月2日配信
繰り返される「内省と対話」の先にあるもの 2017年2月2日

ジェイフィールのメールマガジン 感情ルネサンス
~仕事が面白い 職場が楽しい 会社が好きだ~
★☆ 繰り返される「内省と対話」の先にあるもの ★☆

平素よりメールマガジンをご覧いただき、
誠にありがとうございます。
ジェイフィールの片桐です。

1月26日に開催した人材育成のための「戦略的OJTプログラム」のセミナーでは
ソニー生命保険株式会社の代理店教育部 人材教育課の大森様にお越しいただき、
営業組織での取り組み事例をご紹介いただきました。
同社では、より質の高いサービスをお客様に届けるために
「最強の現場力」をキーワードに、組織力開発に取り組んでいます。
そのためには、多くの営業組織にみられる属人的な育成ではなく、
全体に広がりそして継続性のある
ソニー生命らしい育成の「型」がほしいと考えていました。
「戦略的OJTプログラム」導入のポイントは、ソニー生命らしさへの理解、
そして実践で学べ、継続できる仕組みがあることでした。

自身がトップセールスマンである上司がどのように部下を育成するのか。
「失敗に対する受容がなかった」
「なぜ?どうして?というコミュニケーションしかとってこなかった」
と、ひとりの上司の方が受講後に語っています。
その後このプログラムを通して
長期的にみてより大事なことは部下の成長であると気づきました。
その失敗が部下の将来にどうつながるかを考えるようになり、
上司の受容を実感した部下は、怖がらずにチャンレンジができるようになりました。

なぜ上司は受容することができるようになり、
部下は受容されていることを感じるようになったのか。
そこには、目標達成にむけて週に1度繰り返し行われた「対話」がありました。
失敗体験だけでなく成功体験についても共に振り返る。
ひとりだけでなく、対話をすることで内省はさらに深まります。
成功の体験を教訓化し、再現性を高めることを繰り返し、
ソニー生命らしい人材育成の型が構築されていきます。

「どこの本にも書いてある簡単なことなのにできていなかった。
それができるようになった。」と上司の方は実感を込めて語ってくれました。

同社で起こった変化については次回メルマガにて更に詳細にレポートいたします。


◇◆ 目次 ◆◇------------------------------------------------

1)【残席わずか】
3/7-8開催
リフレクションラウンドテーブル ファシリテーター養成講座
◇◇ ベーシックコース 25期 ◇◇

2)【レポート】
1/17-18開催
リフレクションラウンドテーブル ファシリテーター養成講座
◇◇ ベーシックコース 24期 ◇◇

3)【体験ワークショップ】
「右脳描写×音楽創造」~デジタル時代のアートの可能性~
講師:マイケル スペンサー氏 他
(日本フィルハーモニー交響楽団コミュニケーションディレクター)

4)What's New

------------------------------------------------

【残席わずか】

3/7-8開催
リフレクションラウンドテーブル ファシリテーター養成講座
◇◇ ベーシックコース 25期 ◇◇

------------------------------------------------

リフレクションラウンドテーブル(以下RRT)とは・・・
ミドルマネジャーが毎週集まって、お互いの経験を持ち寄り、
共感しあう仲間になっていく。
そこに世界中の学者の知恵が結集したテキストをもとに、新しい視点が組み込まれていく。
セッションを通じて、参加者が自信をもって日々のマネジメントと対峙し、
さらに大きな動きの中心になる。
自ら学び、行動するマネジャーづくりのための実践プログラムです。

RRTの骨格となるのは「内省と対話」です。
RRTファシリテーター養成講座ベーシックコースでは、
その「内省と対話」を深め、
セッション運営のためのスキルとマインドを学んでいきます。
背景にあるマネジメントの権威ミンツバーグ教授の立ち位置と理論のポイントを概観し、
組織開発を進める社内ファシリテーターに広く役に立つ内容です。

この講座のキーワードは「自然体(good nature)」。
皆が等しく同じタイプのファシリテーターを目指すのではなく、
自分が本来もっている、自然とにじみ出る自分らしさを引き出し、
磨いていくことを大切にしています。
講座は経験から学び、対話で深める形式で進めます。

RRTのファシリテーションは受講生の悩み、心に深く入っていくこともあります。
J.Feelのファシリテーターに醍醐味を感じる瞬間について聞いてみました。
受講生の表情が変わった、感情が豊かになった、前向きな発言がでた瞬間
また、場が動き出した瞬間、確かな手応えを感じるといいます。
受講生の内省に寄り添うことでファシリテーター自身の内省も深まり
共に成長を実感することもあります。

講座のおわりに、毎回聞かれる二つの言葉があります。
「もう少し簡単に考えていたけれど、とても深く難しくもっと勉強しようと思った」
「難しくて無理ではないかと思っていたけれどこれなら自分にもできると思った」
一見相反するようですが、これこそがRRTのファシリテーションではないかと思います。

自分にしかできない、自分らしいファシリテーションを探求してみませんか。
それは深く、楽しい道のりです。

【日時】25期
2017年3月7日(火)10:00~18:30
2017年3月8日(水)9:30~17:15
※2日間のプログラムとなります

【参加費】150,000円(消費税別)

【会 場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)

------------------------------------------------

【養成講座 レポート】

1/17-18開催
リフレクションラウンドテーブル ファシリテーター認定制度
◇◇ ベーシックコース 24期◇◇

------------------------------------------------

1月17日・18日に開催したベーシックコース24期の様子をHPに掲載しました。

【写真あり】RRTファシリテーター養成講座ベーシックコース24期

今回も立場は多様でしたが、より良い組織を作りたいという思いをもった方々が集まりました。参加者の方から次のような感想が寄せられました。

・人事部の方、社内講師の方が多い中で、自分は研究者なので、やや場違いな気がして、どきどきしましたが、和やかでいい場を経験できました。

・受講前は、ファシリテーターとは「ひっぱっていく人」と思っていましたが、途中のレゴワークで大地に花を作っている人を見たことがきっかけで、「気づきを与えるような場をつくる人」だなと認識が変わりました。

・あっという間に時が過ぎた。ノーストレスで楽しく成長できた。これまで脇で見ていて、ファシリテーターは簡単なのではと思っていたが、実際に自分がやってみると難しかった。日々スキルを磨いていかなくてはと思った。

・楽しくて、あっという間の2日間だった。皆からフィードバックをいただいて自分のことが気づけた。自分は、和やかな雰囲気は作れるが、今後の課題として「ピリッとした学びがあったなと思える場」を作れるようになる必要があるなと。そこがとても腹落ちした。

・ファシリテーターになろうと思ったわけではなく、会社にRRTを導入できるかどうかと思って参加しました。単なるリーダー研修ではなく、リーダーが日常的に育っていく仕組みを入れられないかと考えています。それには3つが大事だと。3つとは、経験を内省する場、継続の仕掛け、会社の本気度の提示です。この2日間を通じてRRTを導入したいと思いましたし、導入に向けて自信を頂きました。

・スタート時はどうなるかと思ったが、楽しくあっという間だった。ファシリテーションは奥が深く、難しいとも感じたが、分かっているようで、意外と気づいていない、自分の持ち味、強み、自分らしさを知ることができた。自分の成長課題も明確に伝えてもらい、振り返ることができた。皆さんがやられている実践や考え方も大変参考になり、有難かった。

------------------------------------------------

【体験ワークショップ】

3/6開催
「右脳描写×音楽創造」デジタル時代のアートの可能性

------------------------------------------------

このたび、世界で活躍するお二人のアーティストとのコラボレーションが実現!!
「アートの可能性」を探求する体験ワークショップを開催いたします。

【日時】 2017年3月6日(月)9:30~17:30

【参加費】 50,000円

【スケジュール】
午前の部 「右脳で世界を描写するセッション」
講師:クリスティン ニュートン氏
(クリエイティブ・トレーナー/グラス・アーティスト)

午後の部 「グループで音楽を創造するセッション」
講師:マイケル スペンサー氏
日本フィルハーモニー交響楽団コミュニケーションディレクター/
上野学園大学客員教授/エデュケーター

※英語および日本語(逐次通訳あり)

~*~*~*~*~
J.Feel 佐藤です。

世界水準のリーダーシップ育成、組織開発を体感する
アートを使った最新の経営幹部研修プログラムです。

・不確実でボーダーレスな時代、AIと共存しながら、国境や世代を超えてユニバーサルにリーダーシップを発揮出来る人材づくりに必要なエッセンスは?
・それらニューリーダーがコネクトしていきながらイノベーティブなチーム、組織をつくっていくために必要な土台は?

現在、自社の経営幹部チームセッションやグローバルリーダー会議を見直したい
~リフレクションラウンドテーブルや管理職研修の次(ネクストステージ)を考えたい
という方々、奮ってご参加ください。

佐藤将コラム「ゼロから始める異次元モールス」

------------------------------------------------

What's NEW!!

------------------------------------------------

【出版・メディア】更新しました
自治体職員のための政策情報誌月刊「地方自治職員研修」に
立川市の女性向けリフレクションラウンドテーブルが紹介されました
「地方自治職員研修 2017年1月号」の特集「キラリ!女性活躍・新時代」

【映像集】追加しました
女性版リフレクションラウンドテーブル 立川市の取り組み

【コラム】更新しました
佐藤将 連載コラム 第12回 ゼロから始める異次元モールス

バックナンバー 一覧

メールマガジンに登録する

前のページ
2017年1月19日配信

次のページ
2017年2月16日配信

共有する・あとで読む

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
みんなでつなぐリーダーシップ
みんなでつなぐリーダーシップ
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

DigiCert Seal

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.