ジェイフィールの自由研究

佐藤将 連載コラム「ニッポンが世界を元気にする」⑩

佐藤 将2015.08.14

10.インサイドハート

我々は、小さい頃から、いろいろな教育を受ける。
それは大人になっても変わらない。

そのすべてが悪いとは思わないけど、
その中で大切なことを見失ってしまうリスクがある。

その一つが、「自分の感情を感じる力」。

************************

かつて、「感情」(Emotion)は、悪しきものとされた。

それは、理性的であるべき人間を惑わすもの。
それは、動物から神へと近づくべき人間を迷わすもの。
それは、マス・プロダクション(大量生産)の生産性を狂わすもの。
それは、プロフェッショナルの正確無比な判断を誤らせるもの。

「感情を抑えろ!」
「理性的になれ!」
「合理的になれ!」、エトセトラ。

それ自体、間違ってはいないのかもしれないけど・・・

同時に大切なものまで、失ってないですか?

************************

感情を感じる脳は「感情脳」。
大脳のド真ん中にある。
人間が原始時代から持っていた脳。
それは、言語能力を持たない脳。

と、いうことは?・・・・
1)感情を感情のままに感じる力を持つこと、
2)その感情を「言葉」という感情記号に変換する力を持つこと、
少なくとも、その2つが必要になる。

言い換えれば、
自分の感情を素直に感じる力。
その奥にある感情を感知する力。
さらにその奥にある潜在意識(Sub-Conscious)にある感情を探求する力。

自分の本当の気持ちに気づく力?
本当の自分と出会う力?

自分とつながる力。

************************

そのために大事な事は、
「心のシナプス」をつくること。

いわば、「感情の導線」を引く作業。
それがなくては、「やる気スイッチ」を押しても、エネルギ--が通らない。
真に、ワクワク感やイキイキ感を感じることが出来ない。

いや、そもそも、自分の「やる気スイッチの源」を探りに行けない。

それが、頭の脳の中にあるのか、
第2の脳と言われる腸(Gut-brain)の中にあるのか、それとも、
心の中(インサイドハート)にあるのかはわからない。

けど、誰もが「心のシナプス」を作れる。
ちょっとした訓練さえすれば。
ちょっとしたきっかけさえあれば。

************************

海外でも国内でも、21世紀の新世代(ニュー・ジェネレーション)が圧倒的に優れていると感じるのが、「自分の心と響き合う力」。

勿論、それが元々、得意な人も苦手な人もいる。
もしかしたら、教育や社会環境、経験や価値観が大きく影響し、「感情を素直に感じる力」を封印。鞄の底に押し籠めてきただけなのかも知れない、

けれど、多くの若者に共通していることは、それを誤魔化さずに「響き合う感覚」にまで徹底しようとしていること。「響き合う感覚」のその先の世界に向かおうとしている。

その姿勢と努力において、日本の若者が、世界を圧倒している(特に20代〜30代前半)。だからこそ、この世界の(グローバルの)リーダーとしての可能性に満ち溢れている。そう感じるのは筆者だけ、かな?

Case Study

イキイキ・ワクワク事例集

お客様の生の声とともに、具体的な事例を紹介します

Column

ジェイフィールの自由研究

メンバーの興味・関心をお伝えするコラム

Culture

ご機嫌な職場日記

ジェイフィールコミュニティの魅力を届けるルポ

J.Feel Note - ジェイフィールの探求ノート

Seminar

最新のセミナー

参加受付中
無料
オンライン
目標が持てない時代のキャリアデザインコミュニティ<第4弾>
開催日程:2022年12月22日(水)10:00~11:30

#キャリア

#自分らしい生き方

参加受付中
無料
オンライン
自然や地域とつながる暮らしが、働く人たちに何を与えてくれるか
開催日程:2022年12月16日(金)10:00-11:00

#社会課題

#ダイバーシティ

#サステイナビリティ

参加受付中
無料
オンライン
リフレクションラウンドテーブル® 体験会  1月25日開催
開催日程:2023年 1月 25日(火)10:00~12:00(10分前開場)

#組織開発

#マネジャー

#マネジメント

#組織開発

#ミンツバーグ